トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 電気給湯器等の転倒防止について

電気給湯器等の転倒防止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月14日更新

電気給湯器等の適切な転倒防止措置の実施について

 平成28年4月に発生した熊本地震において電気給湯器等が転倒する被害があり、設置説明書どおりの工事がなされていなかったことが原因と考えられる事例が多く見られました。

 電気給湯器等は大きさも重量もあるため、転倒により大きな事故を起こす危険性があります。

 電気給湯器等の設置の際は、「建築設備の構造耐力上安全な構造方法を定める件」(平成12年建設省告示第1388号)に示された給湯設備の転倒防止措置を講ずる際の基準を尊守し、確実に転倒防止措置を行うようお願いします。

「建築設備の構造耐力上安全な構造方法を定める件」(平成12年建設省告示第1388号) [PDFファイル/208KB]

 詳しくは、下記問い合わせ先までご連絡ください。