トップページ > 組織でさがす > 健康づくり推進課 > 平成29年度 高齢者インフルエンザ予防接種について

平成29年度 高齢者インフルエンザ予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月17日更新

 市では、高齢者のインフルエンザ予防接種費用の公費助成を実施しています。

 インフルエンザウイルスは感染力が高く、突然の高熱や頭痛、関節痛などの症状のほか、高齢者は気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多くあります。 高齢者のインフルエンザ予防接種は、発症予防や重症化防止に有効です。

 なお、インフルエンザ予防接種は義務ではありません。希望される人のみが接種することができます。

対象者

 上越市に住所があり、下記の1または2に該当する人

  1. 接種日現在、満65歳以上の人
  2. 接種日現在、満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害があり、かつ身体障害者手帳1級に相当する人

実施期間

 平成29年10月1日から平成30年3月31日まで

 予防接種の有効性を高めるため、インフルエンザが流行する前の12月上旬までに接種されることをお勧めします

接種回数

 実施期間中、1人1回

自己負担額

 1,620円(対象者のうち生活保護世帯の人は無料)

  • 市助成額を差し引いた金額です。医療機関の窓口で自己負担額のみをお支払いください。
  • 生活保護世帯の人は、医療機関の窓口で被保護者証明書を提示してください。 

接種方法

  1. かかりつけの病院やお住まいの近くの医療機関に電話等で予約をしてください。
  2. 接種当日は、健康保険証や身体障害者手帳など、対象者であることを証明できるものをお持ちください。
  3. 医療機関の窓口で自己負担額をお支払いください。

実施医療機関

 上越市及び妙高市に所在する総合病院や個人医院など、約120の医療機関で実施しています。
 平成29年度上越市高齢者予防接種委託医療機関一覧(平成29年10月4日現在) [PDFファイル/283KB]

注意事項

  • この予防接種は義務ではありません。ご本人のご希望により接種するものです。
  • 病気やアレルギーにより、予防接種を受けることができない場合があります。接種を受ける前に正しい情報を医師に伝え、問題がないかどうか確認してください。
  • 予防接種後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。
  • 詳細は、高齢者インフルエンザ予防接種説明書 [PDFファイル/345KB]をご覧ください。

新潟県内(上越市・妙高市を除く)の医療機関で接種を希望する場合

 新潟県内(上越市・妙高市を除く)の医療機関で接種を希望する場合は、接種可能な医療機関の確認が必要です。電話で健康づくり推進課へご連絡ください。

接種方法

 接種可能な医療機関に対し、電話等で上越市民であることを伝え、予約をしてから接種してください。

新潟県外の医療機関で接種を希望する場合

 事情により新潟県外の医療機関で接種を希望する場合は、事前申請が必要です。

申請方法

 電話で健康づくり推進課へご連絡ください。

接種方法

 後日、接種に必要となる関係書類を郵送します。その書類を医療機関の窓口に提出のうえ接種してください。

接種費用

 全額自己負担(ただし、申請により接種費用の一部を助成します。)

助成額

 医療機関に支払った予防接種費用から、自己負担額1,620円を差し引いた額を助成します(ただし、上限額があります。)。

助成申請受付期間

 平成29年10月1日から平成30年4月30日まで


 また、平成26年10年から高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種が定期接種となりましたので、まだ受けられていない人は、この機会にぜひ接種を検討してください。

 平成29年度 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について