トップページ > 組織でさがす > 広報対話課 > フォトニュース 2016年12月

フォトニュース 2016年12月

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月22日更新

上越市ブロードバンド利活用セミナー(12月16日~17日、名立地区公民館)

上越市ブロードバンド利活用セミナーの写真

 12月から名立区で光ファイバーによる高速通信サービスが始まりました。これを受け、県と市は、NTT東日本新潟支店の協力の下、上越市ブロードバンド利活用セミナーを、12月16日、17日の2日間、名立地区公民館で開催しました。
 ブロードバンド導入のメリットや利便性・将来性を体験する機会とあって、住民のほか企業や自治体関係者など約360人が参加。コミュニケーションロボットや農業への情報技術の応用などの紹介のほか、タブレットの使い方やインターネットとの安全な付き合い方などを学ぶ講座・講演会が行われ、参加者は最新技術を体感していました。

佐渡寒ブリ祭(12月11日、佐渡汽船ターミナル内)

寒ブリ祭の写真

 12月11日、直江津港にある佐渡汽船ターミナル内で、「佐渡寒ブリ祭」が行われました。新鮮な佐渡の寒ブリを三枚おろしにする実演販売には大勢の人が集まり、見事な包丁さばきに見とれていました。このほか、子どもが遊べるスペースの設置や、無料のおしるこサービスなどもあり、多くの家族連れでにぎわいました。
 参加した夫婦は「このイベントには何回も参加しています。寒ブリの三枚おろしと和太鼓の演奏を楽しみにしてきました」と話してくれました。

(市民カメラマン 近藤 健司さん)

上越教育大学×小林古径邸ワークショップ「蒔絵(まきえ)のマイスプーンを作ろう」(12月4日、小林古径邸)

小林古径邸ワークショップの写真

 12月4日に小林古径邸で、漆と金粉を使って自分だけの蒔絵スプーンを作るワークショップが行われました。講師は漆芸家で文化財学博士の室瀬祐(むろせたすく)さん。参加者は初めての体験に、真剣なまなざしで取り組んでいました。
 参加した小学生は「細かな絵を描くのは難しかったけれど、最後に金粉を筆でそっと払うと、描いた絵が浮き出てきてとても感動しました」と生き生きとした表情で話してくれました。

(市民カメラマン 渡邉 繁信さん)

フォトニュースの一覧を見る

市民カメラマンギャラリーの一覧を見る