トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 国民健康保険税額の算出方法

国民健康保険税額の算出方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

   国民健康保険税(保険税)は、医療給付費分、後期高齢者支援金等分、介護納付金分の保険税との合算額で課税されます。
  また、年度途中で国民健康保険に加入または脱退などの異動があったときは、月割計算した税額で納めていただくことになります。

医療給付費分の保険税

   世帯で国民健康保険(国保)に加入されている加入者ごとに算定した、所得割額、均等割額と平等割額を合計した金額で、課税限度額は54万円です。

  • 所得割額は、前年中の所得から基礎控除33万円を差し引いた後の額に7.50パーセントを乗じて計算します。
  • 均等割額は、加入者一人につき1万9,400円です。
  • 平等割額は、1世帯当たり2万6,000円です。

後期高齢者支援金等分の保険税

   世帯で国保加入者ごとに算定した、所得割額、均等割額を合計した金額で、課税限度額は、19万円です。

  • 所得割額は、前年中の所得から基礎控除33万円を差し引いた後の額に2.43パーセントを乗じて計算します。
  • 均等割額は、加入者一人につき1万700円です。 

介護納付金分の保険税

 40歳から65歳未満までの国保加入者を対象に課税されます。加入者ごとに算定した、所得割額、均等割額を合計した金額で、課税限度額は、16万円です。

  • 所得割額は、前年中の所得から基礎控除33万円を差し引いた後の額に2.33パーセントを乗じて計算します。
  • 均等割額は、加入者一人につき1万3,800円です。

保険税の積算

 平成28年度の保険税の概算額を計算することができます。

 (注)3つのシート(概算シート・試算例・所得の見方)で構成されています。

 配布チラシ