トップページ > 組織でさがす > 頸城区総合事務所 > 楽縫庵(らくほうあん)

楽縫庵(らくほうあん)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月12日更新

坂口博士が命名した「楽縫庵(らくほうあん)」は、旧頸城村の大肝煎だった坂口家の旧家の雰囲気を表現した、重厚な造りになっています。内部には、博士が好んだ囲炉裏のある書斎を再現しました。
座敷では、御酒(うさき)や頸城杜氏の地酒などを試飲することができます。

楽縫庵外観(写真)  すすきを飾った入口の写真

坂口博士が愛した「いろりの間」を再現

坂口博士が書斎として、また交流空間として使っていた「いろり」のある部屋を再現しました。
ここには、博士が愛用した机や書架をそのまま展示しました。書架には、専門分野の応用微生物学以外の文学書や農業分野の書籍などを展示しました。応用微生物学者としてではなく、博士の別の一面をご覧ください。
「楽縫庵(らくほうあん)」という名は、平安時代の「池亭記(ちていき)」に、一生働いてようやく小さな邸宅を持つことができ、安心して「老蚕まゆを成し しらみその縫い目を楽しむ」という名句を残した下級役人の気持ちと、博士が鵜ノ木の邸宅におさまった安堵感がそっくりだったことから博士が名付けたそうです。

坂口謹一郎の愛した「いろしの間」(写真)

地酒の試飲

坂口謹一郎博士にゆかりのある「御酒(うさき)」や、新潟県内の蔵元のお酒、頸城出身の蔵人が造ったお酒が試飲できます。
お酒の販売もしておりますので、ぜひお楽しみください。

  • 1銘柄100円
  • 御酒(うさき)に限り300円

試飲コーナーとさまざまなお酒(写真)

御酒(うさき)とは 瑞泉酒造株式会社(沖縄県那覇市)

御酒(うさき)は、坂口謹一郎博士にゆかりのあるお酒です。

1935年、坂口博士は沖縄の酒屋を回って黒麹菌を採取し、600を超す菌株を東京大学に持ち帰りました。
1945年には沖縄戦が終結し、3か月に及ぶ地上戦で首里の酒造所は壊滅状態で県内の黒麹菌は全滅しましたが、坂口博士が採取した黒麹菌は採取時のわずか3パーセントとなったものの終戦後も奇跡的に東京大学で凍結乾燥保存されていたのです。
1998年に沖縄県の瑞泉酒造がその黒麹菌を持ち帰り、60年の眠りから目覚めさせ、苦労の末、「幻の泡盛」を復活させたのです。

(注)黒麹菌とは、沖縄、鹿児島、伊豆諸島などにおいて、泡盛、芋焼酎などの蒸留酒の製造に用いられている菌で、戦前の沖縄では各々の酒屋ごとに個性豊かな味わいを生み出していました。

瑞泉酒造株式会社:http://www.zuisen.co.jp/

  御酒とおちょこ(写真)

ゆったりとした和室を解放

楽縫庵には、和室が4部屋あります。
1部屋は無料で開放している休憩室、3部屋(中座敷・酒の間・雪椿の間)は、団体などに有料で貸し出ししています。

宴席用の木製テーブルと高座椅子(30席)を用意しておりますので、宴席、会合などにもご利用ください。

施設の利用については坂口記念館概要をご覧ください。 

和室の写真   床の間・飾り棚の和室の様子(写真)

テーブルと椅子   テーブルと椅子2