トップページ > 組織でさがす > 共生まちづくり課 > 町内会集会場の整備に対する補助

町内会集会場の整備に対する補助

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月3日更新

 地域のコミュニティづくりに必要な町内会集会場の新築、修繕及び耐震診断・耐震補強工事を実施する町内会に対して、補助金を交付します。
 町内会集会場の整備等を予定されている町内会は、毎年夏に翌年度の意向調査書を実施しますので、その際に整備に要する費用や時期、整備の内容等をご回答ください。
 なお、予算の都合等によりすべてのご要望にお応えできない場合がありますので、ご了承ください。

対象となる事業や補助率・補助限度額

町内会が保有する集会場が対象となります。

(注)駐車場の舗装など建物以外の工事は対象外

新築

工事費のほか、設計管理費も補助対象となります。

増改築・修繕・既存建物の購入

  • 屋根・外壁等の修繕、既存建物の購入、下水道への接続工事やエアコンの設置工事等が対象となります。
  • ただし、事業費が30万円に満たない場合は、補助事業の対象になりません。
  • 地震、水害等の災害により被災した町内会集会場の修繕については、事業費が30万円に満たない場合でも補助の対象になります。

耐震診断・耐震補強工事

耐震診断結果に基づく耐震補強工事が対象となります。

補助率・補助上限額

区分補助率上限額事業費下限額
新築2分の1最大750万円(注)30万円
修繕
耐震診断5分の3なし
耐震補強工事

(注)上限額は、750万円から平成17年4月1日以降に当該補助金を受けた金額を控除した額となります。

コミュニティ助成事業による助成を受けた場合の上限額は以下のとおりです。

助成を受けた時期平成17年4月1日~平成30年3年31日平成30年4月1日以降
新築の助成を受けた場合350万円コミュニティ助成により補助を受けた金額を控除した額
大規模修繕(増改築等)の助成を受けた場合コミュニティ助成により補助を受けた金額を控除した額

(注)補助上限額が不明な場合は共生まちづくり課へお問い合わせください。

補助金交付に関する手続き

補助金交付申請

補助金の交付を申請する場合、工事を始める前に申請書を提出してください。
修繕等の場合、工事を始める前に改築する部分等の写真を撮影してください。(実績報告で必要になります。)

必要な書類

  • 補助金交付申請書
  • 見積書の写し
  • 設計図面(平面図等工事の内容が分かるもの)
  • 集会場の位置図(住宅地図の写し等)

申請書は、PDF形式/Microsoft Word形式でダウンロードできます。

補助金交付決定

 提出書類の内容を確認させていただき、補助用件を満たした場合に市から交付決定通知書を発行いたします。
 補助金交付決定通知書を受領後、工事に着手してください。

補助金交付変更申請(必要に応じて)

 工事の内容や金額に変動がある場合に交付変更申請をしていただきます。

必要な書類

  • 補助金交付変更申請書
  • 見積書
  • 設計図面(変更の内容が分かるもの)

補助金交付変更決定(必要に応じて)

 提出いただいた書類の内容を確認させていただき、市から交付変更決定通知書を発行いたします。
 補助金交付変更決定通知書を受領されたら工事に着手してください。

補助金実績報告書

 工事が完了したら次の書類を提出いただきます。

必要な書類

  • 補助金実績報告書
  • 業者からの領収書の写し
  • 契約書の写し
  • 竣工写真(補助金交付申請時に撮影した着手前の写真も同時に添付)
  • 耐震診断の場合は、耐震診断結果報告書

報告書は、PDF形式/Microsoft Word形式でダウンロードできます。

補助金確定通知

 書類の内容確認後に補助金確定通知書を発行いたします。その後、ご指定の口座へ補助金を振込みいたします。

必要な書類

  • 請求書

請求書は、PDF形式/Microsoft Excel形式でダウンロードできます。