トップページ > 組織でさがす > 名立区総合事務所 > 名立区フォトニュース2018

名立区フォトニュース2018

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月8日更新

名立区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月

2018年11月

11月5日(月曜日) バス待合所をアート作品で色鮮やかに

 区内のバス待合所をアート作品で彩る「名五美(なごみ)ちゃんdeアート」。

 この事業は、宝田小学校PTAが主体となり地域活動支援事業に採択されたもので、8月から同校の児童や卒業生、保護者の皆さんがアート作品作りを行ってきました。

 作品は、区内の間伐材を輪切りにしたものに名立区のマスコットキャラクターの名五美ちゃんや花など、さまざまなデザインを描いて、パネルに貼り付けたものです。

 バス待合所が彩り豊かに装飾され、名立のまちなみがより明るくなりますね。

名立区内のバス待合所に装飾作業をしている様子(写真)

11月5日(月曜日) 秋の風物詩 名立川に鮭が遡上

 名立川の河口付近にやな場が設置され、名立の秋の風物詩とも言える鮭が続々と遡上してきています。

 11月25日(日曜日)には「第35回鮭のつかみどり大会」が開催され、いくらや鮭汁、五目おこわなど名立の特産品が販売されます。ぜひ会場へお越しください。

名立川に鮭が遡上している様子(写真)

11月3日(土曜日・祝日) 第58回名立区駅伝競走大会

 今年で58回目となる「名立区駅伝競走大会」が開催されました。

 区内外から41チームが参加し、不動生産森林組合事務所前から名立地区公民館までの約16キロメートルのコースを、6人のランナーでタスキをつなぎ走りました。

 ゴールの後は、500人鍋で作るメギスの納屋汁の振る舞いがあり、選手は「疲れた体に温かい汁物は格別。メギスのつみれは美味しい」と名立の味を堪能していました。

名立区駅伝競走大会の様子(写真)

このページの先頭へ

2018年10月

10月23日(火曜日) 子どもたちがポニーとふれあいました

 区内の保育園児が、普段ふれあう機会の少ないポニーと親しむ「ポニーふれあいパークin名立」が名南保育園の園庭で行われました。

 この事業は、名立商工会青年部が主体となり地域活動支援事業に採択された事業で、子どもたちは餌やりや乗馬体験など、貴重なポニーとのふれあいを楽しんでいました。

子どもたちがポニーと触れ合っている様子(写真)

10月14日(日曜日) 名立区敬老会

 長寿のお祝いと長年の社会貢献に対する感謝の気持ちを込め、宝田小学校の体育館で敬老会を開催しました。

 今年度から、区内4地区の合同開催となり、75歳以上の105人が参加しました。

 当日は、保育園児による遊戯の発表、芸能団体による演舞や歌謡ショーが披露され、参加者は「ステージイベントを見たら、若返ったような気がした。来年度は、今回参加していない人にも一緒に来るようにすすめたい」と話していました。

名立区敬老会でのステージイベントの様子(写真)

 このページの先頭へ

2018年9月

9月23日(日曜日・祝日) 不動森あげ米かい「稲刈り体験と収穫祭」

 不動森あげ米かい主催の「稲刈り体験と収穫祭」が開催されました。

 稲刈りは、5月16日(水曜日)に長野県更北(こうほく)中学校の生徒が越後田舎体験事業で田植えを行った田んぼで行われ、県内外から更北中学校生徒を含めた45人が、鎌による手刈りからはさがけまでの一連の農作業やさつまいもの収穫を体験しました。

 体験活動後、もちつきや昼食交流会でお腹も満たされ、参加者は「大変だったが、お米のありがたみとおいしいお米ができるまでの苦労を知ることができてよかった」「子どもの頃に農作業を手伝っていたが、自分の親のことを思い出した」などと、話していました。

稲刈り体験と収穫祭の様子(写真)

このページの先頭へ

2018年8月

8月18日(土曜日) 黄色一面、元気なひまわり満開

 不動地域にある「ひまわり農園(旧不動牧場)」で、ひまわりが満開になりました。

 約40アールの広大な敷地いっぱいに咲くひまわりを観に、ぜひお越しください。

ひまわり農園でひまわりが満開に咲いている様子(写真)

8月15日(水曜日) 不動ふるさと夏まつり「魚のつかみどり」

 不動ふるさと夏まつり「魚のつかみどり」イベントが開催されました。

 お盆の時期ということもあり、帰省中の家族連れなどでにぎわい、大人も子どもも魚(ニジマス)つかみに夢中になっていました。

魚のつかみどりの様子(写真)

このページの先頭へ

2018年7月

7月29日(日曜日) 第41回名立まつり

 豊漁、豊作、無病息災を祈願する「第41回名立まつり」が開催されました。

 区内を縦断する神輿巡行では、子どもたちが暑さに負けず「わっしょい、わっしょい」と大きな声を掛け合い、沿道からも温かい声援や拍手が送られていました。

 また、うみてらす名立のイベント広場では、子どもたちのダンス披露や名立太鼓連中と信州御牧太鼓による演奏などのステージイベントが行われました。海上花火大会では会場の名立漁港に59発の花火が打ち上げられました。

第41回名立まつりの様子(写真)

7月21日(土曜日)、22日(日曜日) 北御牧・名立フレンドシップ「海の交流会」

 名立区と友好親善盟約を結ぶ長野県東御市北御牧地区のみまきっ子15人が名立区を訪れ、なだちっ子16人と1泊2日の宿泊体験を通して交流を深めました。

 初日の顔合わせ会では少し緊張した様子をみせた子どもたちも、うみてらす名立に隣接するポケットビーチでの海遊びや魚釣りゲームなどのレクリエーションを通して仲が深まり、笑顔で交流会を楽しんでいました。

「海の交流会」で子どもたちが交流を深めている様子(写真)

 このページの先頭へ

2018年6月

6月9日(土曜日) ひまわりの種蒔きが行われました

 地元住民組織「不動森あげ米かい」が主催する「ひまわりの種蒔き」が、ひまわり農園(旧不動牧場跡地)で行われました。

 当日は、霧雨の中での作業となりましたが、区内外から30人以上のボランティアの皆さんが参加され、大輪のひまわりが咲くようにと願いを込めながら種蒔き作業を行いました。

 ひまわりが順調に育てば、8月のお盆ごろに見ごろとなる予定です。

ひまわりの種まきの様子(写真)

6月8日(金曜日) 「緑の募金」ご協力ありがとうございました

 宝田小学校の児童から、「緑の募金」をお預かりしました。

 募金額は国土緑化推進機構に送金され、植樹や間伐など国内の森林整備のほか、震災で被災した方々への支援などに使われます。

緑の募金を総合事務所長が受け取る様子(写真)

 このページの先頭へ

2018年5月

5月16日(水曜日) 「越後田舎体験」が行われました

 長野市立更北(こうほく)中学校の2年生33名が不動地区を訪れ、「越後田舎体験」が行われました。

 当日は最高気温が30度に迫る暑さの中、子どもたちは地域の皆さんから植え方やコツを教わりながらじゃかいもとさつまいもの種いもの植え付けや田植え作業を行い、貴重な田舎体験を楽しんでいました。

 越後田舎体験の様子(写真)

5月14日(月曜日) 旧議場にて名立中学校生徒総会を開催

 名立区総合事務所3階にある旧議場にて、名立中学校の生徒総会が行われました。

 毎年5月に行われる生徒総会は、議会の模擬体験ができることから旧議場で行われるようになり、生徒52名が平成30年度の活動計画等を議論しました。

名立中学校生徒総会の様子(写真)

 このページの先頭へ

2018年4月

4月13日(金曜日) 名立の春をお届けします

 約30年ぶりの豪雪を忘れてしまうかのように、春もたけなわ、暖かな春の陽を浴びて名立区全体が色とりどりの春の花につつまれています。

 そんな心地よい春の名立をお届けします。

名立区内で桜やスイセンなどが咲いている様子(写真)

このページの先頭へ

2018年3月

3月9日(金曜日) 市営バスを名五美ちゃんデザインに

 宝田小学校と名立中学校の児童・生徒の約150人が市営バスのラッピング作業を行いました。

 デザインは名立中学校の生徒が地域を盛り上げようと、「名立の自然=海と夜空」をイメージしたもので、宝田小・名立中学校PTAの皆さんの事業提案が地域活動支援事業に採択されたことから実現しました。

 子どもたちが「多くの人に地域の良さを知ってほしい」と願いを込めて貼り付け作業を行った名五美ちゃんデザインのバスは、12日(月曜日)から運行しています。

バスラッピングを行っている様子(写真)

このページの先頭へ

2018年2月

2月25日(日曜日) ろばた館「春のそば打ち体験」

 大菅地区で栽培したそばと自然薯をつなぎに使用した「春のそば打ち体験」をろばた館で開催しました。

 打ちたてのそばを大菅深雪加工グループの皆さんが作ったかき揚げや惣菜とともに試食しました。参加者は「少し太くなったけど自分で打ったそばの味は格別」と笑顔で名立の味を堪能していました。

ろばた館「春のそば打ち体験」の様子(写真)

2月24日(土曜日) 灯の回廊「不動ミニキャンドルロード」

 市内でも有数の豪雪地帯である不動地域で、今年で8回目となる「不動ミニキャンドルロード」を開催しました。

 朝早くから地元住民やボランティアの皆さんと一緒に雪像や行灯(あんどん)を作成し、夜には約3,500本のキャンドルを灯しました。来場した皆さんは普段とは一味違う幻想的な雰囲気に魅了されていました。

灯の回廊「不動ミニキャンドルロード」の様子(写真)

このページの先頭へ

2018年1月

1月12日(金曜日)、13日(土曜日) 約30年ぶりの大雪

 冬型の気圧配置の影響で、平野部を中心に約30年ぶりの大雪にみまわれました。

 例年、降雪量が少ない総合事務所前も積雪が1メートルに達し、除雪作業が急ピッチで行われました。

 名立区の大雪の様子(写真)

1月9日(火曜日) 名五美ちゃんバス停標識デザインお披露目会

 宝田小学校の児童が地域を元気にしようと、区内を走る市営バスのバス停標識のデザイン化に取り組んできました。1月9日、そのデザイン化した標識が完成し、同校でお披露目会が行われました。

 標識には、名立区のマスコットキャラクター「名五美(なごみ)ちゃん」や各バス停周辺の特色が、児童のかわいらしい絵で描かれています。

 これでバスの待ち時間も楽しんでいただけること間違いなし。ぜひご覧ください。

バス停デザインお披露目会の様子(写真)

1月7日(日曜日) 防火・防災への決意新たに 名立方面隊出初式

 名立地区公民館体育館で消防団員ら約130人が参加した名立方面隊出初式が行われました。

 災害時には、地域の状況を熟知した消防団員の迅速な対応が必要であり、安全・安心なまちづくりに向け、防火・防災への決意を新たにしました。

名立方面隊出初式の様子(写真)

 このページの先頭へ