トップページ > 組織でさがす > 新水族博物館整備課 > 新・上越市立水族博物館の愛称について

新・上越市立水族博物館の愛称について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月5日更新

新・上越市立水族博物館の愛称は、「うみがたり」に決定しました。

9月1日に愛称決定記者会見を行いました。

愛称発表の様子(写真)

新・上越市立水族博物館の愛称は「うみがたり」です。

村山市長と指定管理者 株式会社横浜八景島の布留川社長が記者会見を開き、愛称を発表しました。市長は「愛称のとおり、物語が生まれ語られる魅力ある水族館をつくっていきたい」など、新水族館にかける思いを力強く語りました。

7月24日に審査委員会を開催しました。

審査委員会の様子(写真)

言語表現を専門とする大学の先生や観光分野の専門家など、7人の委員が、市内大学生による選考の内容を踏まえ、様々な視点から意見を述べ合いました。

親しみやすさがあり、新しい水族館の特徴を表現できているといった理由から、柏崎市の会社員、小林さんの応募作品である「うみがたり」が選定されました。

詳しくはこちらの資料をご覧ください。

7月15日に市内大学生による選考ワークショップを実施しました。

選考ワークショップの様子(写真)

若者の発想を生かすため、上越教育大学と新潟県立看護大学の学生23人による選考ワークショップを行いました。

「覚えやすさ」「上越らしさ」といった選定基準を検討のうえ、審査委員会に提案する作品を選考しました。

新・上越市立水族博物館の愛称募集は終了しました。

応募総数は1,468件です。全国からたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
愛称の公表は、9月1日を予定しています。

募集内容

2018年に生まれ変わる新しい「上越市立水族博物館」は、80年以上の長い歴史と多くのお客様の思いを受継ぎ、未来を担う子どもたちの夢を育む場になります。
これまで以上に愛着を持っていただけるよう親しみやすく呼びやすい「愛称」を募集します。
多数のご応募をお待ちしています。

応募に関する詳しいことはページ下部の応募用紙を、新・上越市立水族博物館に関する情報はこちらの新・上越市立水族博物館のあらましをご覧ください。

参考

応募方法

  • 応募資格:どなたでも応募可能です。
  • 応募期間:平成29年6月5日月曜日~7月4日火曜日午後5時まで(郵送の場合は当日消印有効)

下記のいずれかの方法でご応募ください。

  • 上越市のホームページから応募
    愛称募集専用応募フォームに必要事項を入力のうえ、送信してください。

  • メールによる応募(応募用紙は使用しません。)
    メールの件名を「愛称募集」とし、メール本文に(1)から(6)を記入のうえ、メールしてください。
    (1)愛称(漢字を使用した場合は、必ずふりがなを付けてください。)
    (2)愛称の簡単な説明
    (3)応募者のお名前(ふりがな)
    (4)年齢
    (5)職業または、学校名及び学年
    (6)住所及び電話番号

  • はがきによる応募
    メールによる応募と同じく、(1)から(6)を記入のうえ、ご応募ください。

  • 応募用紙による応募
    (1)応募箱への投函: 応募用紙を応募箱に投函してください。
    (2)郵送: 応募用紙を封書で郵送してください。郵便料金が不足しているものは受領しません。
    (3)ファックス:応募用紙に必要事項を記入し、ファックスで送信してください。
    応募用紙は、応募箱の設置場所に置いてあるほか、本ページからダウンロードしてください。
    応募箱の設置場所:市役所本庁舎1階ロビー、各総合事務所、南北出張所、市内協力店

応募用紙のダウンロード

新・上越市立水族博物館「愛称応募用紙」 [PDFファイル/2.86MB]

応募先

上越市役所 新水族博物館整備課
住所:〒943-8601 新潟県上越市木田1丁目1番3号
ファックス:025-526-8363
メール:newaqua@city.joetsu.lg.jp(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)