トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 中山間地域元気な農業づくり推進員の活動(平成29年度)

中山間地域元気な農業づくり推進員の活動(平成29年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月21日更新

平成29年8月

8月4日 現地研修会を開催

 中山間地域元気な農業づくり推進事業の一環として、中山間地域等直接支払制度に取り組む集落協定代表者等を対象に、現地研修会を開催しました。関係機関からの出席者も含めて、123名が参加し、阿賀町丸渕集落の観光わらび園の取組を視察研修しました。

 丸渕わらび生産組合長の石川久作様から、観光わらび園に取り組んだきっかけ、これまでの経緯、わらびの維持管理の方法などについてお話いただいた後、約10ヘクタールに及ぶわらび園内を視察させていただきました。

 丸渕集落では、昭和40年代から有料わらび園の運営に取り組み、5月中旬から7月上旬までの限られた開園期間にも関わらず、毎年2,000人以上の来園者を確保しています。これによって、中山間地域の所得確保、人的交流など、集落に活気をもたらしています。

 山菜は鳥獣による被害も少なく、他の園芸作物に比べて手がかからないため、上越市でも作付けの拡大を目指しています。山菜園の形成も選択肢のひとつとして考える上で、丸渕観光わらび園の取組は示唆に富んでおり、参加者もメモをとりながら熱心に話を聞いていました。

講演時の写真 講演時の写真 わらび園内の写真

平成29年6月

6月22日 中山間地域元気な農業づくり推進協議会を開催

 地域マネジメント組織の代表者、関係機関、元気な農業づくり推進員等が一同に会し、平成29年度中山間地域元気な農業づくり推進協議会が開催されました。協議会では、中山間地域における農業所得の向上に向け、市の補助事業を組み合わせた活用を呼びかけました。また、出席したマネジメント組織の代表者から、各地域における取組について、お話しいただきました。

元気な農業づくり推進協議会の写真