トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 耕作放棄地再生利用緊急対策事業について

耕作放棄地再生利用緊急対策事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月13日更新

 農地でありながら農作物の作付が行われず、草刈りなどの保全活動も行われていない、いわゆる「耕作放棄地」は、病害虫の発生や野生鳥獣の接近をもたらし、周辺の農地にも影響を及ぼします。また、本来農地が持っている洪水防止機能が低下するなど、災害発生の原因ともなります。

 上越市耕作放棄地対策協議会では、国の「耕作放棄地再生利用緊急対策事業」を活用し、耕作放棄地を引き受けて、農作物の生産を再開する農業者等の取組を支援します。

支援内容

1.再生利用活動に対する支援

耕作放棄地の再生利用のために行う、以下の取組を支援します。

再生作業

雑木や雑草の除去、深耕、整地、土づくり(肥料の投入等)などの取組を支援します。

  • 補助額:10アール当たり5万円(定額)
  • 重機を用い、再生作業の経費が10アール当たり10万円を超える場合は、補助率2分の1

土づくり

再生作業を行った翌年度も、土づくりが必要な場合、肥料の投入等を支援します。

  • 補助額:10アール当たり2万5千円(定額)

営農定着作業

導入作物の絞り込み、適正確認等の取組を支援します。

  • 補助額:10アール当たり2万5千円(定額)

2.施設等補完整備に対する支援

1の再生利用活動とあわせて実施する基盤整備や施設整備の取組を支援します。

基盤整備

農業用用排水施設、農道、暗きょ排水の新設・改良や、法面の保護工等を支援します。

  • 補助率:2分の1以内

小規模基盤整備

簡易な基盤整備の取組を支援します。

  • 補助額:10アール当たり2万5千円(定額)

農業用機械・施設の整備

農業用ハウスや果樹棚の整備を支援します。

  • 補助率:2分の1以内

主な条件

  • 土地所有者に代わり耕作する者が確保され、5年間以上、農地が耕作されること

支援の対象となる農地

下記の項目すべてに該当する農地が対象となります。

  • 現に耕作されておらず、耕作の放棄によって荒廃し、通常の農作業では作物の栽培が客観的に不可能となっている農地
  • 農振農用地区域内の農地
  • 「再生作業」については、10アール当たり10万円以上に相当する労力と費用を要する農地
  • その他の取組については、10アール当たり5万円以上に相当する労力と費用を要する農地

その他

  • 耕作放棄地の再生に向けた支援を希望する方は、再生作業を開始する前に、申請手続きが必要となりますので、上越市耕作放棄地対策協議会事務局(市役所農政課 中山間地域農業係)までお問い合わせください。
  • そのほか詳細は、「平成29年度耕作放棄地再生利用緊急対策事業パンフレット」をご覧ください。
  • 平成29年度耕作放棄地再生利用緊急対策事業パンフレット [PDFファイル/678KB]