トップページ > 組織でさがす > 生活排水対策課(下水道センター) > 下水道汚泥の放射性物質検査結果について

下水道汚泥の放射性物質検査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月15日更新

 平成23年5月23日、6月20日、7月19日に市内の下水道処理施設の汚泥等を採取し行った検査の結果、5月は5施設、6月は1施設の汚泥等から放射性物質が検出され、7月の検査では、いずれの施設からも放射性物質は検出されていません。

単位:ベクレル/kg
処理場名検体名称1回目2回目3回目
汚泥採取日:平成23年5月23日
分析機関:(株)同位体研究所
汚泥採取日:平成23年6月20日
分析機関:(財 )新潟県環境衛生研究所
汚泥採取日:平成23年7月19日
分析機関:(財 )新潟県環境衛生研究所
セシウム
134
セシウム
137
ヨウ素
 131
セシウム
134
セシウム
137
ヨウ素
 131
セシウム
134
セシウム
137
ヨウ素
 131
上越市下水道センター流入水微量微量不検出不検出不検出不検出
放流水不検出不検出不検出不検出不検出不検出
脱水汚泥587921不検出不検出不検出不検出
浦川原浄化センター脱水汚泥1617263848不検出
大潟浄化センター脱水汚泥1039863不検出不検出不検出
中郷浄化センター脱水汚泥微量微量微量不検出不検出不検出
板倉浄化センター脱水汚泥不検出不検出不検出不検出不検出不検出
名立浄化センター脱水汚泥不検出不検出不検出不検出不検出不検出
柿崎浄化センター脱水汚泥3942微量不検出不検出不検出― (処理場点検修繕のため)
有田地区農業集落排水処理施設濃縮汚泥不検出不検出不検出不検出不検出不検出不検出

微量:10ベクレル/kg未満

 平成23年6月16日に国が示した「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方」では、放射性セシウム濃度が8,000ベクレル/kg以下であれば、跡地を居住地等に利用しない前提で、埋立処分を可能としています。

 また、再利用については、他の原材料との混合等を考慮し、市場に流通する前にクリアランスレベル以下になる物は、利用して差し支えないとしており、当市の下水道処理施設からの汚泥は、セメント原料等に再利用されています。

 コンクリート等のクリアランスレベルは100ベクレル/kg以下です。