トップページ > 組織でさがす > 産業立地課 > ミュージカル「北前ザンブリコ」(出演:わらび座) 市内小中学生 無料招待

ミュージカル「北前ザンブリコ」(出演:わらび座) 市内小中学生 無料招待

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月11日更新

平成30年5月の日本遺産「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間 北前船寄港地・船主集落」への追加認定を記念し、多くの市民の皆さんに、北前船に関する歴史や文化等を知り、興味をもっていただくため、ミュージカル「北前ザンブリコ」(出演:わらび座)を公演します。

このミュージカルは、江戸から明治時代にかけて、直江津(今町湊)など日本各地の港へさまざまな荷物を運んだ北前船を題材とした、大きな一枚帆に風を受け、日本海の荒波を命がけで超えていく船乗りたちのものがたりです。各世代の皆さんから楽しく北前船について知っていただけます。

ミュージカル「北前ザンブリコ」に市内小中学生300名を無料招待しますので、この機会にぜひご観覧ください。

わらび座ミュージカル北前ザンブリコ(画像)

ミュージカル「北前ザンブリコ」(上越市公演) チラシ [PDFファイル/1021KB]

ものがたり

 「異国から煙を吐いて走る、真っ黒い怪物のような船が来たんだそうな」。

そんな噂が庶民の耳にも届き始めた幕末のある港。

貧しい身分から千の航海を乗り越えて富を築いた船主・弥三郎が北前船「夢千丸」の初出航を準備している。北前船は南から北へ、北から南へと食糧を、衣服を、唄を、踊りを、そして夢を積んで、日本海を行き来する。一方で、海の総合商社である北前船は板子一枚下は地獄、命がけの仕事。そんな夢千丸の乗組員の中に、弥三郎に憧れる少々生意気な若者、喜一がいた。喜一は「金さえあれば何でも出来る。」が口癖だった。

男たちの夢と野望と生活物資を載せた夢千丸は人々の待つ港へ向けて出航。
しかし、待ち受けていたのは、大嵐と難破した船の残骸。やっと避難して辿りついた港でさらに思いがけないことに出会う。
「北前船はただ荷物を運んでいるわけじゃねえ。人の思いといのちをつなげていく仕事なんだ!」。弥三郎の魂が喜一を動かしていく。そして夢千丸は。

フォトギャラリー

出港の様子(写真)船乗り達が力を合わせている様子(写真)船乗り達と寄港地のみなさん(写真)

ミュージカル「北前ザンブリコ」舞台写真より(撮影/コンドウダイスケ)

とき

平成31年3月17日(日曜日) 午後2時30分 開演(午後2時 開場)

ところ

上越文化会館 大ホール(上越市新光町1丁目9番10号)

申込方法

申込用チラシに必要事項を記入し、上越市産業立地課へ提出してください。

無料招待申込用チラシ [PDFファイル/1.28MB]

申込先

郵送 〒943-8601 上越市木田1丁目1番3号 上越市産業立地課

ファックス 025-526-6113(宛先 上越市産業立地課)

Eメール sanritu@city.joetsu.lg.jp(メール本文に必要事項を記載してください) (注)迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)

 申込期限 

平成31年1月21日(月曜日)必着 (申込多数の場合は抽選を行い申込者全員に通知します) 

問合せ先

上越市 産業立地課 電話:025-526-5111