トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 生ごみの水切りにご協力を

生ごみの水切りにご協力を

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月23日更新

 平成26年度に市内の家庭から排出されたごみのうち、約15パーセントは生ごみです。

 生ごみは重さの約80パーセントが水分と言われており、十分に水切りすることで、処理量の減量につながります。
 家庭でも水切りネットなどを活用するほか、ごみ袋に移す前の「ひとしぼり」をするなど、ごみの減量にご協力をお願いします。

生ごみの水切り方法

水切りネットを使用する

 三角コーナーには水切りネットなどを使い水分を落とします。また、水洗いをするときは三角コーナーをシンクの上に置くなどして、できるだけ水に濡らさないようにします。

三角コーナーに水切りネットをセット(写真)

生ごみのひとしぼり

 生ごみをごみ袋に移す前に「ひとしぼり」をすることで、余分な水分をだします。

生ごみの水分を絞っています(写真)