トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 投票区・投票所の見直しについて

投票区・投票所の見直しについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月7日更新

市内の人口動態などを踏まえ、選挙をより効率的に管理・執行するため、地域のご理解のもと、投票区・投票所を見直し、平成26年12月に「投票区・投票所の見直し計画」を策定しました。

見直しの概要

当日投票所

廃止投票所14か所、新設投票所1か所、投票所変更4か所
(見直し前159か所から見直し後146か所)

期日前投票所

現状の16か所を継続

このほか、従来の投票所が廃止となる場合において、新たな投票所への移動が困難な有権者の投票行動に影響が及ばないよう、関係地元の希望に応じて従来の投票所において、日時限定の期日前投票所(開設日は投票日の3日前、開設時間は2時間程度)を開設する。

適用時期

平成27年4月執行の新潟県議会議員一般選挙から

見直し計画

将来の見直しの指針

今後も各地域の人口動態や投票行動に注意を払いながら、適正規模の投票区・投票所の設置に努めていく必要があります。
次の要件に達したときは、関係投票区の皆さんへ十分説明し、理解を得た上で新たな投票環境を整えることとしています。

  • 有権者が概ね50人未満になったとき:近隣投票区・投票所との統合等
  • 有権者の増により投票に支障があるとき:投票区・投票所の分離・新設等
  • 期日前投票所の利用実態に大きな変化があるとき:開設日数の調整等
  • 制度改正が行われたとき:その内容に応じて対応