トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 成年被後見人の選挙権の回復等について

成年被後見人の選挙権の回復等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月17日更新

成年被後見人の選挙権の回復等のための公職選挙法等の一部を改正する法律等が平成25年5月31日に公布され、6月30日から施行されました。

成年被後見人の選挙権の回復

この改正に伴って、平成25年7月1日以降に公示または告示される選挙について、成年被後見人は、選挙権及び被選挙権を有することとなります。
選挙権の行使に当たっては、選挙の都度、投票所入場券をお送りしますので、それにより投票所や投票時間等を確認してください。

その他の改正

この改正では、併せて、選挙の公正な実施を確保するため、代理投票における代理投票補助者は、投票事務従事者に限定されるとともに、病院、老人ホーム等における不在者投票について、外部立会人を立ち会わせること等の不在者投票の公正な実施確保の努力義務規定が設けられました。

成年被後見人の選挙権の回復等に関する情報について

成年被後見人の選挙権の回復等に関する情報については、総務省等のホームページで確認することができます。

総務省:成年被後見人の選挙権の回復等に関する情報(外部リンク)

新潟県:成年披後見人の選挙権の回復等について(外部リンク)