特殊詐欺に注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

ATMの前で携帯電話で指示を行う特殊詐欺(画像)特殊詐欺に注意(ロゴ)

 振り込め詐欺等の特殊詐欺の被害が、急増しています。

 平成25年中、上越警察署に届けられた特殊詐欺の被害は、11件で3,200万円でしたが、今年は既に13件で約4,019万円の被害が届けられています。
 特にオレオレ詐欺の被害が増えており、毎日のように電話がかかってきています。「自分は騙されない」と思っていても、子どもの窮地を聞くと、冷静な判断ができなくなり送金してしまいます。  
 電話でのお金の話は詐欺です。「携帯電話の番号が変わった」「風邪をひいた」「喉にできものができた」などと言われたら、必ず今までの電話番号にかけて確認してください。また、レターパック、ゆうパックで送金してくれと言うのは、詐欺の手口です。まずは警察等に相談してください。

 上越警察署(電話025-521-0110)

特殊詐欺とは

 特殊詐欺とは、振り込め詐欺(「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金等詐欺」)と、振り込め詐欺以外(「金融商品等取引」、「異性との交際あっせん」、「ギャンブル必勝情報提供」、「その他(商品購入等)」)の総称です。

特殊詐欺の種類
特殊詐欺の種類詳細
振り込め詐欺オレオレ詐欺親族、警察官等の公務員、金融機関等の職員を装って被害者に電話を掛け、トラブル解決の弁済や借金返済の肩代わりなどの名目で、現金を口座に振り込ませたり、指定場所に郵送させたりして、現金をだまし取る詐欺
架空請求詐欺不特定多数の人にハガキやメールなどを送りつけ、裁判費用や投資金返還手数料、有料サイトの登録料・退会料など、架空の事実に基づいた支払請求で、現金をだまし取る詐欺
融資保証金詐欺実際に融資をしないのに、融資する内容の文書をファックス等で送りつけ、融資を申し込んだ被害者から供託金や手数料などの名目で現金をだまし取る詐欺
還付金詐欺税務署や自治体職員などをかたって、医療費や税金の還付などに必要な手続きをATMで行うなどとうそを言って、被害者をATMの前に誘導し、携帯電話でATMの操作を教える振りをしながら犯人の口座に送金をさせて、現金をだまし取る詐欺
振り込め詐欺以外金融商品等取引名目の詐欺電話で「必ずもうかる。」「あなたしか買えない。」「高値で買い取る。」などうそを言って、未公開株や社債、会員権、外国通貨などの購入を勧め、購入代金などの名目で現金をだまし取る詐欺
異性との交際あっせん名目の詐欺雑誌やメールなどで「恋人紹介」などと表示して顧客を募集し、これに申し込んだ被害者から紹介料や保証料などの名目で現金をだまし取る詐欺
ギャンブル必勝情報提供名目の詐欺雑誌やメールなどで「パチンコ必勝法」「競馬必勝法」を販売するなどと表示して顧客を募集し、購入を申し込んだ被害者から情報提供料などの名目で現金をだまし取る詐欺
その他の名目の詐欺上記以外に分類される詐欺
(例)貴金属やダイヤモンド等のカタログを送り、購入や投資をあっせんしてレターパック等で代金を送金させる詐欺など