トップページ > 組織でさがす > 総務管理課 > 関山演習場における日米共同訓練の訓練内容について

関山演習場における日米共同訓練の訓練内容について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月15日更新

 3月15日(水曜日)をもって日米共同訓練における実動訓練は終了しましたのでお知らせします。
 また、併せて関山現地連絡調整所を閉所しましたのでお知らせします。

実施済の訓練内容

3月15日(水曜日)

  • 午前 総合訓練
  • 午後 総合訓練(飛行訓練)
    米海兵隊のMV-22オスプレイ3機による輸送訓練が行われました。
    陸上自衛隊のUH-60(3機)、CH-47(3機)による輸送訓練が行われました。

3月14日(火曜日)

 総合訓練が実施されました。

3月13日(月曜日)

  • 午前 飛行訓練
    陸上自衛隊のUH-60(3機)、CH-47(3機)、AH-1S(2機)によるヘリボン訓練等が行われました。
  • 午後 飛行訓練
    米海兵隊のMV-22オスプレイ4機によるヘリボン訓練が実施されました。
  • その他 午前11時50分から午後2時30分まで訓練報道公開が行われました。

3月10日(金曜日)

 なし

3月9日(木曜日)

 午後に米海兵隊のMV-22オスプレイ2機による離着陸訓練が実施されました。

3月8日(水曜日)

 なし

3月7日(火曜日)

 なし

3月6日(月曜日)

 午後3時15分頃   関山演習場内に北関東防衛局現地連絡調整所を開設