開示請求

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

請求の種類

開示請求権

  • 市(実施機関)が保有している自己の個人情報を、本人であれば誰でも開示請求することができます。

訂正請求権

  • 市(実施機関)が保有している自己の個人情報が事実と違うと思うときは、その情報の訂正を請求することができます。

削除請求権

  • 市(実施機関)が保有している自己の個人情報が適正に収集や保管がされていないと思うときは、その情報の削除を請求することができます。

利用中止請求権

  • 市(実施機関)が保有している自己の個人情報が適正に取り扱われていないと思うときは、その情報の利用の中止を請求することができます。

開示請求の流れ

1. 請求書の提出

  • 市役所木田第1庁舎4階の総務管理課または各総合事務所の総務・地域振興グループへ開示請求書を提出してください。(情報を保有する課等が分かる場合は、その課等に直接提出いただけます。)そのとき、本人であることを示す書類(運転免許証・パスポート等)が必要になります。

2. 開示の決定 (原則として14日以内)

  • 市(実施機関)は、請求された個人情報を開示できるかどうかについて決定をし、書面で通知します。
  • 請求のあった個人情報は、原則としてすべて開示することになっていますが、次のような個人情報は開示されないことがあります。
  1. 個人の評価、診断、判定、選考、指導、相談等に関する個人情報で、開示しないことが明らかに正当であると認められるもの
  2. 開示することにより実施機関の業務の遂行に著しい支障が生ずると認められる個人情報

3. 開示の実施

  • 自己の情報が記録されている公文書を閲覧し、写しの交付を受けることができます。開示を受けるときにも、本人であることを示す書類(運転免許証・パスポート等)が必要になります。
  • 自己情報の閲覧は無料ですが、自己情報の写しの交付を受けるときは、実費として1面につき10円(カラーコピーは1面につき30円)をいただきます。
  • 郵送等を希望される場合、郵送料等は本人負担となります。