トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 高齢者・介護用品で重大事故発生のおそれ

高齢者・介護用品で重大事故発生のおそれ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月19日更新

回収・修理や注意の呼び掛けに対応を

 高齢者の皆さんが使用することが多い製品や介護用品について、回収や修理等が必要な製品をそのまま使い続けると重大な事故を引き起こすおそれがあり大変危険です。

 現在、事業者が回収中または注意を呼び掛けている高齢者が使う製品等について、危険性や注意事項、対応方法をまとめました。

  • 身の回りにこうした製品がないか確認してください。
  • 回収、修理等の対象製品は、すぐに使用を中止し製造事業者等に連絡してください。
  • 事故防止のための注意喚起文もよく見てください。
  • 高齢者自身での対処が難しい場合は周囲の人が気を配ってください。
  • 操作ミスや設置、使用方法の間違いがないよう注意事項を確認してください。 

回収、修理や注意を呼び掛けている高齢者介護用品

  1. 介護用ベッド
  2. ベッド用サイドレール、グリップ
  3. 手すり
  4. ポータブルトイレ
  5. 手指保護具(口腔用)
  6. 車いす
  7. 歩行補助車
  8. 電動車いす
  9. マッサージ器

 高齢者のイラスト

  「注意」の画像 
参考:消費者庁「対応していますか  回収、修理や注意を呼び掛けている高齢者・介護用品  回収修理中の機種と問合せ先一覧」 [PDFファイル/762KB]
参考:国民生活センター「くらしの危険291 介護用品での事故 [PDFファイル/863KB]