トップページ > 組織でさがす > 体育課 > 体操アリーナ(これまでの経過)

体操アリーナ(これまでの経過)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

これまでの経過

平成26年2月21日

 請願者(一般社団法人レインボージムナスティックス大潟)が上越市大潟体操アリーナの機能拡張に係る請願書を市議会に提出

(請願内容要旨:大潟体操アリーナに加え、新体操及びトランポリンの練習と大会ができるアリーナ、スポーツ医科学的な視野を取り入れたトレーニングセンター、及びその利用価値を高める合宿所の整備)

 平成26年3月12日「平成26年市議会3月定例会」

 文教経済常任委員会において請願書を審査

 平成26年3月26日「平成26年市議会3月定例会」

 市議会において請願書を採択

 平成27年2月19日「教育委員会2月定例会」

 平成27年度当初予算に、旧大潟町プール跡地に建設可能な規模の体操アリーナ新設に係る設計業務費を要求することを機関決定

 平成27年3月26日「平成27年市議会3月定例会」

 平成27年度当初予算において設計業務費を文教経済常任委員会の審査を経て議決

(当初計画:延床面積:1,500平方メートル程度の新体操・トランポリンの練習場)

平成27年4月23日「大潟区地域協議会・大潟区町内会長連絡協議会」

 事業概要を説明

 平成27年8月11日

 設計業務の契約締結(業務着手)

 平成28年2月5日

 施設のコンセプトや規模・機能の見直しを内部決定(教育委員会:体育課)

平成28年2月12日「第1回:体操アリーナ整備検討委員会」

 見直しの方向性を確認

平成28年2月18日「教育委員会2月定例会」

 施設のコンセプトや規模・機能・建設候補地の見直しの必要性を確認し、設計業務費の増額補正及び業務の延長を機関決定

平成28年2月25日「大潟区地域協議会・大潟区町内会長連絡協議会」

 事業計画の変更を説明

 平成28年3月23日「平成28年市議会3月定例会」

  施設のコンセプトや規模・機能・建設候補地の見直しの必要性を説明し、設計業務費の増額補正及び業務の延長について、文教経済常任委員会の審査を経て議決

(事業計画:新体操・トランポリンの練習場から器械体操・新体操・トランポリンの公式大会が可能な規模に変更)

平成28年3月24日

 設計業務の変更契約(1回目)締結

平成28年12月12日

 設計業務の変更契約(2回目)締結

平成29年1月24日「第2回:体操アリーナ整備検討委員会」

 施設の規模・機能に関する意見交換

平成29年2月16日「教育委員会2月定例会」

 基本設計の内容を確認し、平成29年度当初予算に実施設計業務費を要求することを機関決定

平成29年3月22日「第3回:体操アリーナ整備検討委員会」

 施設の規模・機能を確認

平成29年3月24日「平成29年市議会3月定例会」

 基本設計の概要を説明し、平成29年度当初予算において実施設計業務費を文教経済常任委員会の審査を経て議決

(建設候補地が決定した段階で速やかに事業概要を説明する旨を報告)

平成29年3月31日

 基本設計業務の完了

 平成29年6月6日「平成29年市議会6月定例会」

 文教経済常任委員会の所管事務調査において、施設の規模・機能、概算事業費、建設候補地を説明

 所管事務調査資料 [PDFファイル/953KB]

(基本設計:延床面積:3,812平方メートル程度の器械体操・新体操・トランポリンの公式大会が可能な規模)

平成29年6月15日「大潟区地域協議会」

 事業計画を説明

 平成29年6月16日

 実施設計業務の契約締結(業務着手)

 平成29年6月27日「大潟区町内会長連絡協議会」

 事業計画を説明

 平成29年7月27日「大潟区地域協議会」

 (仮称)上越市体操アリーナの設置について(諮問)

 諮問文 [PDFファイル/334KB]

 平成29年8月21日「教育委員会8月定例会」

 事業の進捗状況や施設の管理運営方法などを説明・協議し、用地取得費や敷地造成工事費等の増額補正を要求することを機関決定

 平成29年8月24日「大潟区地域協議会」

 (仮称)上越市体操アリーナの設置について、適当と認める旨の答申(付帯意見あり)

 答申文 [PDFファイル/91KB]

平成29年8月29日「九戸浜町内会」

 事業計画を説明

平成29年9月19日

 大潟区地域協議会の答申に対する市の方針を通知

 通知文 [PDFファイル/228KB]

平成29年9月28日「平成29年市議会9月定例会」

 建設候補地の取得の目途が立ったほか、今後の工事スケジュールを見据え、用地取得費や敷地造成工事費等の増額補正について、文教経済常任委員会の審査を経て議決