トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 納税の方法(個人市民税)

納税の方法(個人市民税)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月17日更新

 市が税額を計算して通知し、納税していただく仕組みになっています。

 納税の方法は次のとおり3種類あり、それぞれ納めていただく回数が異なっています。

納税の方法

給与からの天引き(給与特別徴収)

 給与受給者について、給与支払者(勤務先)が月々の給与から市民税・県民税を天引きし市へ納入する方法です。6月から翌年5月までの12か月で徴収します。

公的年金からの天引き(年金特別徴収)

 65歳以上の公的年金受給者について、公的年金支払者が毎回の年金から市民税・県民税を天引きし市へ納入する方法です。4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月の6回で徴収します。

金融機関窓口納付もしくは口座振替(普通徴収)

 ご自宅にお送りした納付書によって、金融機関窓口で市民税・県民税を直接納付していただく方法です。6月、8月、10月、翌年1月の4回で納付していただきます。
 口座振替もできますので、希望する人は振替を希望する口座の金融機関窓口にてお手続きください。

 給与特別徴収と普通徴収を併用する方法もあります。詳しくは下記までお問い合わせください。