市たばこ税

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新
 市たばこ税は、たばこの消費に対してかかる税金で、たばこの代金の中に税金が含まれています。
 市たばこ税のほか、国たばこ税、県たばこ税、たばこ特別税が課税されます。また、輸入たばこについても、国産たばこと同様に税金が課税されています。

(注)新元号が未定のため平成と表記しています

納税義務者

製造たばこの販売業者、特定販売業者(輸入業者)または卸売販売業者

税率と税額の計算方法

税率

  • 紙巻たばこ(旧三級品以外)1,000本につき5,262円(平成30年10月1日から1,000本につき5,692円)
  • 旧三級品の紙巻たばこ(わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレットの6銘柄)1,000本につき4,000円

(注)加熱式たばこは「パイプたばこ」に分類されており、重量1グラムを紙巻きたばこ1本分に換算し、計算されています。(平成30年10月1日から後述のとおり変更となります。)

計算方法

小売店販売業者に売り渡した本数かける税率イコール税額

申告と納税の方法

 製造たばこの販売業者、特定販売業者(輸入業者)または卸売販売業者が、毎月の売渡し本数、税額などを算出して、翌月末日までに申告し、納めることになっています。

紙巻きたばこに係る市たばこ税率の改正

 紙巻きたばこの市たばこ税率が、平成30年10月1日から段階的に引き上げられます。

期間税率(1,000本あたり)
現行5,262円
平成30年10月1日から5,692円
平成32年10月1日から6,122円
平成33年10月1日から6,552円

 旧三級品の紙巻たばこに係る特例税率の廃止

 たばこ税関係法令の改正により、旧三級品の紙巻たばこに係るたばこ税の特例税率が廃止され、旧三級品の紙巻たばこに係る市たばこ税の税率が、平成31年10月1日までの間、段階的に引き上げられています。

期間税率(1,000本あたり)
平成28年3月31日まで2,495円
平成28年4月1日から平成29年3月31日まで2,925円
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで3,355円
平成30年4月1日から平成31年9月30日まで4,000円
平成31年10月1日から5,692円

加熱式たばこの課税方式の見直しについて

  加熱式たばこについて、喫煙用の製造たばこの区分として、新たに「加熱式たばこ」の区分が創設されます。また、紙巻たばこの本数への換算方法について、「重量」と「価格」を紙巻たばこの本数に換算する方式とされます。

  上記の見直しについては、平成30年10月1日から実施、5年間かけて段階的に移行されます。なお、経過期間中の課税標準は、新課税方式による紙巻たばこへの換算が5分の1ずつ増やされます。

たばこは市内のお店で買いましょう

 たばこ税は、市民のみなさんが購入するたばこ代金の中に含まれています。
 たばこ代金に含まれる税金のうち、「市たばこ税」と「県たばこ税」は、買っていただいたお店のある市町村や県の収入になります。
 市内のお店でたばこを買っていただくことにより、上越市の収入が増え、暮らしに役立てられます。