トップページ > 新型コロナウイルス感染症基本情報

新型コロナウイルス感染症基本情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月8日更新

市内発生関連情報

新型コロナウイルス感染症について

以下のことに注意しましょう。

感染の拡大がみられる地域から県内に移動してきた場合(往復を含む)

  • 体調に注意し、体調不良の際は帰国者・接触者相談センター(保健所)に相談する
  • 飲食を伴う会食については慎重に判断するなど十分に注意する

感染の拡大がみられる地域での行動

  • 行った先での飲酒を伴う会食をできるだけ避ける
  • やむを得ず行う場合は、感染防止対策を行った上で、慎重な行動をとる

飲食を伴う会食

  • 極力少人数が望ましく、多人数(10人以上)の会食には特に注意する
  • 大声を出す・三密のいずれかが発生する状況や、長時間での会食を避ける

新型コロナウイルス感染拡大を予防する「新しい生活様式」

 市民の皆さん一人一人が、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけることで、自身だけでなく、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。
「新しい生活様式」の実践例 [PDFファイル/435KB]

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールしましょう

 新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるアプリです。
 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールしましょう(健康づくり推進課)

過度な受診控えは健康上のリスクを高めます

 自己判断で受診を控えると慢性疾患の症状悪化や免疫力低下によりウイルスに対抗できない状態になることがあります。まずは、かかりつけ医に相談しましょう。
厚生労働省「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について」(外部リンク)

業種ごとの感染拡大予防ガイドライン

 業種ごとの感染拡大予防ガイドラインが策定されました。
 詳しくは、内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」(外部リンク)をご覧ください。

事業者による感染防止対策の「見える化」

 感染拡大防止対策を図りながら営業を行う事業者を支援するため、新潟県では、事業者が自主的に取り組む感染防止対策の「見える化」を後押ししています。
 各店舗等で実施している対策について、県が提供するピクトグラムを用いてポスターを作成し、掲示することにより、利用者に分かりやすく伝えることができます。
 詳しくは、新潟県ホームページ「事業者による感染防止対策の「見える化」を後押しします」(外部リンク)をご覧ください。

避難するときに心掛ける感染症対策

 災害の危険が迫ったときには、迷わず避難行動をとることが大切です。
 しかし、大勢の人が避難所に行くことで、感染症への感染リスクが高まることが考えられます。あらかじめ自宅周辺の災害リスクをハザードマップで確認し、「自宅での避難(2階以上への垂直避難)」や「知人や親戚宅への避難」なども検討しておきましょう。

 こころの相談窓口

 「こころの不調」に気づいたら、ひとりで悩まずにご相談ください。(匿名での相談もできます)

人権への配慮をお願いします

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、インターネットやSNS上において、感染した方などに対する誹謗中傷や心ない書き込みが広がっています。不確かな情報や根拠の無いうわさ話に惑わされず、厚生労働省や県、市など公的機関が発信する情報を確認いただくとともに、人権に配慮した冷静な行動をお願いします。

外国人の皆さんへ


経済対策・生活支援に関するお知らせ(バナー)みんなで新型コロナウイルスを乗り越えよう(バナー)