ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 続けていこう 「新しい生活様式」 > 新型コロナウイルスに感染したとき・濃厚接触者になったときの行動を確認しておきましょう

新型コロナウイルスに感染したとき・濃厚接触者になったときの行動を確認しておきましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月30日更新

新潟県内の感染状況を受け、令和4年1月25日から当面の間、県の保健所業務については、感染者の健康状態、感染者の同居家族に対する検査対応のため、また感染が拡大した場合にリスクが高い施設(医療機関、高齢者施設、障害福祉施設)の調査、感染対策に重点を置いています。

このため、上記以外の濃厚接触者・接触者に対しては、保健所からの連絡や検査が行われません。今後、自分が感染したとき、または濃厚接触者になったときに、どのように行動したらよいのか確認しておきましょう。

陽性と判明した場合

これまで保健所が行っていた濃厚接触者の把握や管理は行われず、感染者本人が濃厚接触者の定義に基づき、濃厚接触者に連絡をすることに変更となりました。

手順1 陽性者となったことを報告します

1.自身の連絡先

  • 職場や学校、保育園等、介護保険や福祉サービス等を利用していた事業所
  • 手順2の「1.接触時期」に示す期間に利用し、濃厚接触者と思われる人がいる場合の利用していた施設

2.同居家族の連絡先

  • 職場、学校、保育園等、介護保険や福祉サービス事業所

手順2 誰が濃厚接触者かの判断を行います

1.接触時期

  1. 感染者に症状がある場合:発症2日前までの間に接触した
  2. 感染者が無症状の場合:医療機関等で検査をした(検体を採った)日の2日前までの間に接触した

2.主な接触内容

  1. 感染者と同居していて接触があった
  2. 感染者と長時間の接触があった
  3. 1メートル程度の距離でマスクを着用せず感染者と15分以上接触していた
  4. 感染者の気道分泌液や体液などに直接触れた可能性が高い
  5. 適切な感染防護をせずに感染者を診察、看護、介護した場合

上記1の期間中で上記2のいずれかに該当する場合

濃厚接触者に該当すると考えられます。(感染者本人が判断し、濃厚接触者に連絡してください。)

連絡が不要な場合

陽性者の同居家族、医療機関や高齢者施設、障害福祉施設には、保健所が濃厚接触者として指示を行います(連絡は不要です)。

濃厚接触者と連絡を受けた場合

濃厚接触者になったら

1.陽性者と接触した日から、原則7日間の自宅待機となります

  • 自宅待機期間においては、外出はできません。出勤、登校に際しての自宅待機期間の日数等については、各勤務先、学校等における取扱いに従ってください。
  • 7日目を経過するまでは検温などの健康状態の確認やリスクの高い場所の利用や会食などはしない、マスク着用などの感染対策をしてください。
同居家族の待機期間

陽性者の同居家族の待機期間は、次のいずれか遅い方を基準日(0日目)として、7日間(8日目に解除)となります。ただし、4日目及び5日目に抗原検査キットを用いた検査(注)で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かにかかわらず、5日目から自宅待機の解除が可能となります。

  • 検査陽性者の発症日(無症状の場合は、検体を採取した日)
  • 住居内で感染対策(下記の「同居しているご家族に注意してもらうこと」を参照)を始めた日
    ただし、別の家族が発症した場合は、その発症日を0日目として期間計算をし直します。

(注)検査には、必ず薬事承認された体外診断用医薬品の抗原定性検査キット(鼻咽頭検体または鼻腔検体を用いるもの)を使用してください。なお、検査費用は自費となります

2.自宅待機の間、健康観察を行ってください

  • 自宅待機の間に発熱などの症状が出た場合は、かかりつけ医や新潟県新型コロナ受診・相談センター(電話025-256-8275、025-385-7541、025-385-7634)、保健所へ速やかに連絡し、受診してください。

  • 受診などでやむを得ず外出が必要な場合は、必ずマスクを着用しこまめな手洗いをお願いします。その際、公共交通機関は利用しないでください。

濃厚接触者に対する検査
  • 濃厚接触者に対し、感染の有無について判断を行うPCR検査は実施しません。(症状が出た際に医療機関等で実施する場合は除きます)

  • 濃厚接触者は新潟県が民間薬局や上越観光物産センターで行っている無症状者向けのPCR検査は利用できません

同居しているご家族に注意してもらうこと

濃厚接触者が健康観察中に陽性となった場合、同居家族は濃厚接触者になりますので、ご家族の方も以下の感染対策を徹底してください。

  • 可能な限り、濃厚接触者と空間を分けて生活してください。
  • 食事は一緒にせず、別室や時間をずらしてください。
  • 自宅内でもマスクを着用してください。
  • こまめな手洗いやアルコール消毒(トイレ、ドアノブ、電気スイッチなど)を行ってください。
  • 使用するタオルを共有しないでください。
  • こまめな換気を行ってください。
  • 家族の通勤や通学などに制限はありませんが、職場や学校等に連絡し、相談してください。

感染者が確認された事業所の対応

当面は、可能な限り、次の手順による濃厚接触者の特定と自宅待機等の実施にご協力をお願いします。

手順1 濃厚接触者のリストアップ

感染者と感染の可能性のある期間に接触した、下記の範囲に該当する従業員を濃厚接触者としてリストアップしてください。

感染の可能性のある期間

  1. 感染者に症状がある場合:症状が出た日の2日前以降
  2. 感染者に症状がない場合:検体採取日の2日前以降

濃厚接触者の範囲

  1. 感染者と同居または長時間の接触があった
  2. 手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、マスクをきちんと着用せず、感染者と15分以上の接触があった
  3. 適切な感染防護(マスク着用など)なしに感染者を診察、看護もしくは介護をした
  4. 感染者の気道分泌液もしくは体液等に直接触れた可能性が高い

濃厚接触者リスト(必要に応じて活用)

濃厚接触者リスト [PDFファイル/62KB] / 濃厚接触者リスト [Excelファイル/33KB]

手順2 従業員に対して、原則7日間の自宅待機と健康観察の依頼

濃厚接触者となった従業員に、7日間の自宅待機と健康観察の実施をお願いしてください。ただし、4日目及び5日目に抗原検査キットを用いた検査(注1)で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かにかかわらず、5日目から自宅待機の解除が可能(注2)となります。

7日目を経過するまでは検温などの健康状態の確認やリスクの高い場所の利用や会食などはしない、マスク着用などの感染対策をしてください。

また、濃厚接触者となった従業員に、自宅待機期間中に発熱などの体調変化があった場合はかかりつけ医、新潟県新型コロナ受診・相談センター(電話025-256-8275、025-385-7541、025-385-7634)、保健所のいずれかに相談するよう伝えてください。

(注1)検査には、必ず薬事承認された体外診断用医薬品の抗原定性検査キット(鼻咽頭検体または鼻腔検体を用いるもの)を使用してください。なお、検査費用は自費となります

(注2)5日目からの自宅待機の解除については、事業主において業務の必要性を適切に判断し、業務に従事させる必要があると判断する場合においては、事業主として検査体制を確保するなど、従業員に過度の負担を強いることのないようご配慮ください。

健康観察シート(必要に応じて活用)

濃厚接触者健康観察シート [PDFファイル/264KB] / 濃厚接触者健康観察シート [Excelファイル/40KB]

濃厚接触の可能性が高い場面の例(参考)

  • 近距離で、飲食しながら会話をした
  • 休憩室や更衣室などマスクをしないで会話をした
  • 喫煙所で一緒に喫煙をした
  • 近い座席で長時間を過ごした
  • 換気の悪い空間(車内等を含む)で長時間一緒に過ごした

関連資料

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

行事・イベントに関する情報

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ