トップページ > 広報上越 > 春季火災予防運動

春季火災予防運動

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月15日更新

実施期間

4月1日(月曜日)~7日(日曜日)  
(注)県内一斉の火災予防運動として実施します。

統一標語

「忘れてない? サイフにスマホに火の確認」

春季火災予防運動とは

 火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図ることにより、火災の発生を予防し、死傷者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的に実施しています。

春季火災予防運動の重点実施事項

  1. 住宅防火対策の推進
  2. 乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進
  3. 放火火災防止対策の推進
  4. 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
  5. 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
  6. 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底
  7. 林野火災予防対策の推進

 市内の火災発生状況

 昨年、市内で発生した火災件数は44件で、一昨年に比べ4件増加しました。
 県内では、今年に入り住宅火災が相次ぎ、火災による死者も発生しています。住宅火災の多くは、ちょっとした不注意や気のゆるみから発生します。家庭や地域を火災から守るため、「3つの習慣・4つの対策」を心がけ、火災のないまちをつくりましょう。

住宅防火 いのちを守る7つのポイント

3つの習慣
  1. 寝たばこは、絶対やめる。
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  3. ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
4つの対策
  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  2. 寝具、衣類およびカーテンからの延焼を防ぐために、防炎品を使用する。
  3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

期間中における上越市消防団の取組

  1. 午後7時の警鐘やサイレン吹鳴などにより、防火啓発を行います。
  2. 夜警を実施し、車両による広報や防火啓発を行います。
  3. 防火懸垂幕、のぼり旗などの掲出により、防火に対する意識啓発を行います。
  4. 雪消え時期に合わせ、消防施設、機械器具、消防水利及び標識の整備と点検を行います。
  5. 夜警の際などに、住宅用火災警報器の設置促進と定期的な点検の周知を行います。
  6. 各消防部の管轄区域で行われる地域行事などの機会に、防火啓発を行います。

住宅用火災警報器は10年を目安に交換を

 住宅用火災警報器は、ほとんどが内蔵電池で動いており、多くは約10年で電池切れとなります。
 多くの住宅用火災警報器は、電池切れとなると「ピッ、ピッ」と音が鳴るか、「電池切れです」と音声で知らせます。また、設置から10年以上経過した住宅用火災警報器は、電池切れのほかに、本体内部の電子機器劣化の恐れがあることから、本体を交換することが望ましいとされています。
 いざという時に正常に作動するよう定期的な点検で、電池切れや故障に注意しましょう。

住宅用火災警報器による奏功事例

 上越地域消防事務組合管内において、住宅用火災警報器が作動し、大事に至らなかった事例については、「住宅用火災警報器の奏功事例」上越地域消防事務組合のホームページ(外部リンク)に紹介されていますので、ご覧ください。

 詳しくは、市危機管理課(電話025-526-5111)、上越地域消防事務組合消防本部予防課(電話025-525-1197)へ問い合わせてください。