トップページ > 広報上越 > 平和展の開催 平和への願いを未来へつなげよう

平和展の開催 平和への願いを未来へつなげよう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

 平成7年の「非核平和友好都市宣言」に基づき、次代を担う子どもたちを始め、広く市民の皆さんから戦争の悲惨さと平和の尊さについて認識を深めていただくため、「平和展」を開催します。(入場無料、申し込み不要)

 詳細は、平和展チラシ [PDFファイル/761KB]をご覧ください。

開催日時

令和元年7月11日(木曜日)~8月18日(日曜日)

時間

 午前10時~午後6時(最終日は午後3時まで)

休館日

7月16日(火曜日)、18日(木曜日)、22日(月曜日)、29日(月曜日)、8月5日(月曜日)、13日(火曜日)、15日(木曜日)

会場

小川未明文学館(高田図書館内)

内容

「子供と戦争」の資料展示

子供たちと戦争の関わりを伝える資料を展示します。

「長岡空襲」の資料展示

  昭和20年(1945年)8月1日、市街地の約8割が焼け野原となり、約1,500人の尊い命が奪われた長岡空襲の実相を伝える資料を展示します。

広島被爆体験者のお話

「原爆のおそろしさを子孫のために伝えたい」

7歳の時に爆心地から1.3km離れた自宅で家族7人が被爆した川崎宏明さんが、放射線被曝の恐ろしさや戦争の悲惨さについて語ります。

とき

  • 7月20日(土曜日)午後2時~3時
  • 7月21日(日曜日)午前11時~正午

戦争にまつわるお話(1)

「私の戦争体験」

昭和19年(1944年)2月、16歳で日本海軍に志願、入隊し、奇跡的に生還したものの、多くの友を失った悲しい過去について、山口平治さんが語ります。

とき

8月4日(日曜日)午前11時~正午

戦争にまつわるお話(2)

「1人の少女が見た長岡空襲」

昭和20年8月1日に長岡市を襲った空襲について、金子登美さんが語ります。

とき

8月4日(日曜日)午後1時30分~2時30分

おはなし会

 戦争や平和に関する紙芝居や絵本の読み聞かせを「読み語りジャックの会」の皆さんが行います。

とき

7月27日(土曜日)午後1時30分~午後2時30分

展示ガイド会

展示されている資料についてのガイドを行います。(各回30分程度)

とき

  • 7月20日(土曜日)午前10時30分から
  • 7月21日(日曜日)午後1時30分から
  • 7月27日(土曜日)午前10時30分から
  • 8月4日(日曜日)午前10時30分から