トップページ > 広報上越 > 広報上越(2019年8月1日発行 No.1085)巻頭は「上越市で描く新しい暮らし」

広報上越(2019年8月1日発行 No.1085)巻頭は「上越市で描く新しい暮らし」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

表紙は、うみがたりの親子ペンギンの写真です。うみがたりが開館して1年が過ぎました。マゼランペンギンには子どもが生まれ、ますます賑やかになりました。お母さんペンギンに餌をねだる子ペンギンの大きく開いた口が愛らしい一枚です。
今号の巻頭は

  1. 上越市で描く新しい暮らし
     市では、移住・定住の促進に向けて様々な取り組みを行っています。例えば、SNSを使って市の魅力を発信する「移住インフルエンサー」の取り組みや、移住・定住に際しての不安や疑問に答える相談窓口「移住・定住コンシェルジュ」の配置などを行っています。当市に移住した人や、移住体験に取り組む地域の人たちのインタビューも掲載しています。
  2. 東京パラリンピック事前合宿を上越市に迎えよう
     上越市は、東京オリンピック・パラリンピックのドイツのホストタウンです。ドイツ体操チームの合宿受入れや、ドイツパラリンピック柔道チームの事前合宿招致に取り組んでいます。

今回の巻頭は、読みやすいように文字を大きく、行間を広めに取りました。

ウェブブックで見る

2019年8月1日号発行 No.1085 表紙(写真) 2019年8月1日号発行 No.1085全ページ[ウェブブック]

見開きで見る

ページで見る

Webで見る

「広報上越(2019年8月1日発行 No.1085)Web版」 から、巻頭ページ等をWebページ(html形式)でもご覧いただけます。