トップページ > 広報上越 > シンポジウム「新潟県のツキノワグマ  現状と対策を知る」の参加者募集

シンポジウム「新潟県のツキノワグマ  現状と対策を知る」の参加者募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月1日更新

 ツキノワグマの基本的な生態と調査結果を踏まえ、県内における生息状況と今後の行動予測・対処に関する講演を行い、正しい対策と適切な距離感を広く普及させ、クマと人間の共存を目指すシンポジウムです。

日時

令和元年9月28日(土曜日) 午後1時~5時(開場:午後0時30分)

会場

上越人材ハイスクール(上越市高土町3丁目1番15号)

参加費

無料

内容

くわしくは、チラシ [PDFファイル/1.23MB]をご覧ください。

出没と被害の現状

  • 演題: 「新潟県のクマの出没と被害の現状について」
  • 講師: NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ会長 長岡技術科学大学工学部准教授 山本麻希氏

分布と生息の状況

  • 演題:「新潟県におけるクマの分布状況と生息状況」
  • 講師: NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ副会長 福島大学農学群食農学類准教授 望月翔太氏

遭遇時の対処

  • 演題:「クマ遭遇時の対処と、適切な管理について」
  • 講師: 株式会社うぃるこ 鳥獣専門対策員 清水あゆみ氏

クマと人間の共存とは

 パネルディスカッション 「クマと人間の共生に向けて」

申込期限

令和元年9月26日(木曜日)

申込方法

申込書 [PDFファイル/342KB]に必要事項をご記入のうえ、下記へお申し込みください。(ファックス、電子メール、電話)

申し込み、問い合わせ先

特定非営利活動法人 くびき野NPOサポートセンター

電話:025-522-6639

ファックス:025-522-6669

電子メール:info@kubikino-npo.jp(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)

主催等

主催:特定非営利法人新潟ワイルドライフリサーチ、くびき野NPOサポートセンター

共催:上越市、妙高市

協力:特定非営利活動法人 日本NPOセンター

協賛:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

講演協力:浪花彰彦(Bear Smart Japan)、山崎晃司(東京農業大学教授)

後援: 公益財団法人こしじ水と緑の会、生物多様性保全ネットワーク新潟