トップページ > 広報上越 > 耐震シェルター・耐震ベッド等の補助(募集終了)

耐震シェルター・耐震ベッド等の補助(募集終了)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月3日更新

(注)平成31年度(令和元年度)の募集は終了しました。

 市では、地震による建築物の被害を軽減し、災害に強いまちづくりを推進するため、「木造住宅耐震改修支援事業」を行っています。
 本事業は、耐震改修の補助のほか、木造住宅の1階部分に耐震シェルター、耐震ベッド等を設置する人に対し、設置費用の一部を市が補助するものです。

耐震シェルター、ベッドイメージ(写真)

対象住宅

下記のいずれにも該当するもの 

  • 上越市木造住宅耐震診断支援事業に基づき、耐震診断を行った結果、総合評点が「1.0未満」となった住宅 で耐震改修を行わない住宅
  • 高齢者等が居住していること
  • 市税を完納している人

(注)高齢者等とは、本年度の末日現在の年齢が満65歳以上の者または障害者(身体障害者福祉法第15条第4項の規定により障害者手帳の交付を受けている者)をいいます。

補助額

耐震シェルター及び耐震ベッド等の設置にかかる費用の2分の1(上限30万円)

(注)公的機関の認定を受けた耐震シェルター及び耐震ベッド等を1階部分に設置する工事が対象です。詳細はお問い合わせください。

募集件数

1件(多数の場合は抽選となります。) (注)令和元年5月10日までに予算額に達しなかったため、先着順となります。

申込締切

令和元年5月10日(金曜日)まで 

予算額に達しない場合は、令和元年11月29日(金曜日)までを最終期限とし、先着順で決定させていただきます。

(注)平成31年度(令和元年度)の募集は終了しました。

申込方法

申請書に必要事項を記載し、必要書類を添付のうえ、建築住宅課まで提出してください。

申請書(シェルター等) [PDFファイル/116KB] / 申請書(シェルター等) [Wordファイル/45KB]

代替受領制度について

  • 申請者から委任された業者が補助金を直接受ける制度です。
  • 申請者は工事費用等と補助金額の差額分のみを用意すればよくなり、当初の費用負担が軽減されます。

代理受領制度のイメージ(耐震ベッドの場合)

(注)工事費60万円、補助額30万円の場合

ベッドシェルター代理受領イメージ

代理受領を受ける際の届出書

届出書(代理受領) [PDFファイル/76KB] / 届出書(代理受領) [Wordファイル/37KB]