トップページ > 広報上越 > 広報上越(2019年3月1日発行 No.1075)Web版

広報上越(2019年3月1日発行 No.1075)Web版

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

成人式をプロデュース 成人の集い実行委員会を直撃取材

 成人の集いのテーマと実行委員(写真)

  • 開催日:4月6日(土曜日)午前11時~(受付:午前10時~)
  • 会場:リージョンプラザ上越
  • 問合せ:社会教育課(電話:025-545-9245)

 大人の仲間入りを祝う、人生に一度きりの成人式。大切なその日を思い出に残るものにしようと、準備を進める新成人たちがいます。今年の成人の集い実行委員の皆さんにインタビューしました。

成人の集い実行委員会では

 昨年11月から平日の夜に月2回程度集まり、式典と成人の集いの2部構成で行われる成人式の企画と準備をしています。式典に関しては、式が始まる前のオープニングアトラクションの企画や、新成人の代表としてスピーチをしてくれる人を依頼するほか、式典当日の司会進行も行います。式典後に行う成人の集いに関しては、実行委員がテーマを決め、新成人の皆さんと一緒に二十歳という節目を祝うための企画を考え、楽しんでもらえるように準備しています。

実行委員が話し合っている様子(写真)

今年の成人の集いテーマは「原点回帰 上越(ふるさと)からさらなる飛躍へ」

 成人式を機に、現在の自分たちを形作った原点であるそれぞれの「上越(ふるさと)」を見つめ直すことで、夢や目標を再確認し、新しい時代に向かってさらに飛躍したいとの思いを込めました。

実行委員会や成人式についてインタビュー

実行委員会に入ったきっかけは

 人生で一度きりの成人式を自分たちで作れることに興味を持ったり、自分にできることをやってみたいと応募した人もいます。実は活動内容を知らないまま、何かの委員会だと思って入った人もいます。(笑)

礪波有里子さん(写真)

実行委員の仕事をしてみた感想は

 過去の催しを参考にしたりしていますが、ゼロから企画を考えるのが難しいです。初めて会う人たちと意見を出し合うのも大変でしたが、最近はだんだんとやることが決まり、当日の全体像も見えてきて、やりがいがあります。実行委員のみんなとも打ち解けられて楽しく活動しています。

中村明日香さん(写真)

成人の集いでは何を企画していますか

 20年間を振り返るスライドショーや上越の特産品が当たる抽選会を企画しています。平成最後の成人式として、みんなで盛り上がれて楽しめる、記憶に残るようなものにしたいですね。テーマに沿った企画になると思うので、改めて上越の良さを知ってもらう機会になるといいなと思っています。

前田留那さん(写真)

個人的に楽しみにしていることは

 卒業以来の友人や中学の同級生に会うことが楽しみです。上越から出た友人の話を聞いたりしたいです。振袖を着たり、ほかの人の振袖を見るのも楽しみですね。

後藤可奈子さん(写真)

成人式当日への意気込みを一言

 頑張って準備してきたことを最大限に発揮して、皆さんの一生の思い出に残るような楽しい成人式にしたいと思います。また、大人としての自覚を持って堂々と振る舞い無事に成人式を進行できるように頑張りたいです

小島雪乃さん

20年を振り返るスライドショーの写真を探しています

 より多くの新成人の思い出をスライドショーとしてお見せできるよう、写真の提供にご協力ください。今年4月の成人式対象者または保護者の方など、新成人が生まれてから現在までの写真でスライドショーとして使ってほしい写真がありましたら、下記メールアドレスへお送りください。

流石瑛紀さん

(注)成人式対象者は、平成10年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人で、上越市に住民登録のある人および上越市に居住していた人です。

  • 募集期間:3月15日(金曜日)まで
  • 提供先・問合せ:メールの表題に「スライドショーの写真提供」と表記し、本文に写真が撮られた年と場所などを記入し、写真データを添付の上、社会教育課(電話:025-545-9245、joetsu-20@city.joetsu.lg.jp)へ(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)

平成31年成人式のお知らせ

 対象者には2月下旬から順次案内状を送付しています。市外に住民票を移した人は事前申し込みが必要です。参加を希望する人は、氏名、生年月日、案内状送付先住所(実家などの場合は世帯主氏名)を社会教育課(電話:025-545-9245、  joetsu-20@city.joetsu.lg.jp)へ。(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)

3月15日時点で上越市に住民登録のある人は申し込み不要です。

(注)当日は指定の駐車場以外には駐車しないでください。また、会場周辺は大変混雑します。ご注意ください。

来年の実行委員を募集しています

 来年の成人式対象者で、成人の集い実行委員をやってみたい、詳しく知りたいという人は、社会教育課へご連絡ください。

このページの先頭

3月24日(日曜日)国道253号上越三和道路 寺~鶴町インターチェンジが部分開通

平成30年11月25日「上越三和道路でウォーキング見学会」の様子(写真)

問合せ:道路課(電話:025-526-5111、内線1597)

 上越魚沼地域振興快速道路「国道253号上越三和道路」のうち、寺インターチェンジから鶴町インターチェンジ間(約3km)が3月24日(日曜日)に開通します。

上越魚沼地域振興快速道路 概要

 上越魚沼地域振興快速道路は、北陸自動車道と関越自動車道を結び、上越市と十日町市・南魚沼市の生活圏の連携強化を図る約60kmの自動車専用道路です。
 現在、市内では上越三和道路(国土交通省施行)と三和安塚道路(新潟県施行)で整備が進められています。

上越魚沼地域振興快速道路(延長60km)のうち寺~鶴町インターチェンジ間(延長3km)(地図)

ご注意ください

上越三和道路は、無料の自動車専用道路で、歩行者、自転車などの軽車両、125cc以下の二輪車は通行できません。また、部分開通に伴い、並行する県道上越安塚柏崎線等の経路が変更になります。

このページの先頭

気になる情報詳しく知りたいそんなときにインターネットで検索 市ホームページ活用術

 市からのお知らせを、市ホームページで検索する方法を紹介します。スマートフォンにも対応しており、広報上越の記事の詳細を確認したり、手続きの様式をダウンロードしたりすることもできます。

市ホームページQRコード(画像)

問合せ:広報対話課(電話:025-526-5111、内線1424)

「キーワード」で探す

検索サイトのように、関連する語句を入力することでページを探せます。

(例)「住民票」と入力して検索ボタンをクリック

キーワードで探す」の使い方

「分類」で探す

情報の種類からページを探せます。

(例)

  1. くらし・教育・安全」をクリック
  2. 住民票・戸籍・印鑑登録」の中から「住民票」をクリック

分類でさがす」の使い方

「組織」で探す

担当課などの名称から情報を探せます。

(例)

  1. 組織で探す」をクリック
  2. 「自治・市民環境部」の中から「市民課」をクリック
  3. 「住民票」に関する項目をクリック

「組織でさがす」の使い方

「新着情報」で探す

最新の情報を確認できます。「新着情報」「募集」「イベント」に分かれています。

緊急災害情報

災害が発生したときの避難情報などはトップページに掲載します。

公共交通運行情報

公共交通運行情報(画像)

公共交通機関の運休や遅延などの情報を確認できるサイトへのリンクをまとめました。

広報上越との連動

「広報上越ページ」に、関連情報へのリンクをまとめました。広報上越の記事に関する情報が探しやすくなりました。

動画集

市が作成した観光PR動画などを「動画集」のページでまとめて閲覧できるようになりました。

このページの先頭

4月7日(日曜日)は新潟県議会議員一般選挙の投票日です

問合せ:上越市選挙管理委員会事務局(電話:025-526-5111、内線1388)

投票できる人

 平成13年4月8日までに生まれた人(選挙当日満18歳以上)で、平成30年12月28日以前から引き続き上越市に住民登録をしている人です。住所を異動した人は、下の表で確認してください。

住所を異動した人の投票場所

区分要件投票場所
市内の異動3月15日(金曜日)までに転居の届出をした人新住所地
3月16日(土曜日)以降に転居の届出をした人旧住所地
市外から転入平成30年12月28日までに上越市へ転入の届出をした人上越市の住所地
平成30年12月7日以降に県内の他市町村を転出し、
平成30年12月29日以降に上越市へ転入の届出をした人
(注)居住証明書類が必要
前住所地
市外へ転出平成30年12月28日までに県内の他市町村へ転入の届出をし、引き続き住所を有する人新住所地
平成30年12月7日以降に県内の他市町村へ転出し、
平成30年12月29日以降にその市町村へ転入の届出をした人
(注)居住証明書類が必要
上越市の住所地

(注)新潟県外に転出した人は、投票できません

(注)「居住証明書類」とは、引き続き県内に住所を有することを証明する書類です。投票日までに最寄りの市役所などで居住証明書類の交付を受け、投票所にお持ちください。

投票するときは入場券を持って投票所へ

 投票するときは、入場券をお持ちください。入場券を紛失したり、届かなかった場合でも、選挙人名簿で確認できれば投票できますので、投票所で係員に申し出てください。

  • 入場券は、3月29日(金曜日)までに各世帯へ郵送します。
  • 投票所は、入場券に記載されていますので、必ず確認してください。

桜とめいすいくん(イラスト)

期日前投票

 投票日に、仕事や旅行などで投票に行くことができない人は、期日前投票を利用してください。市内のどの期日前投票所でも投票できます。

期間 3月30日(土曜日)~4月6日(土曜日)

期日前投票所

期日前投票所名開設時間
継続市民プラザ(土橋)午前8時30分~午後8時
継続福祉交流プラザ(寺町2)午前8時30分~午後8時
継続各総合事務所・各コミュニティプラザ
(柿崎区は柿崎保健センター)
午前8時30分~午後8時
変更

直江津ショッピングセンターエルマール
(イトーヨーカドー直江津店、西本町3)

午前10時~午後8時

(注)3月30日(土曜日)、31日(日曜日)、4月6日(土曜日)は午前9時~午後8時

新規イオン上越店とアコーレ(富岡)午前10時~午後8時

(注)レインボーセンター期日前投票所は、直江津ショッピングセンターエルマール期日前投票所に変更となりました。

(注)上記のほか、日時を限定した期日前投票所もあります。

不在者投票

 いずれも事前に手続きが必要です。

 希望する人は早めに市選挙管理委員会に連絡してください。手続きに必要な書類は、市ホームページからダウンロードできます。

期日前投票、不在者投票(選挙管理委員会事務局)

各種申請書等ダウンロード(選挙管理委員会事務局)

めいすいくん(イラスト)

指定病院などでの不在者投票

 上越地域医療センター病院、県立中央病院、新潟労災病院、上越総合病院、特別養護老人ホームおよび老人保健施設など指定の病院や施設に入院・入所している人は、その病院等で不在者投票ができます。詳しくは市選挙管理委員会または病院、施設に問い合わせてください。

 市外の病院や施設に入院・入所している人が不在者投票を希望する場合は、早めに市選挙管理委員会へ申し出てください。

身体に障害のある人の郵便などによる不在者投票

次の(1)~(3)のいずれかに該当する人は、自宅から郵便などによる投票ができます。新たに希望する人は、市選挙管理委員会へ連絡してください。

(1)身体障害者手帳を持っている人で障害の程度が1.~3.のいずれかに該当する人

  1. 両下肢、体幹、移動機能の障害が1級または2級
  2. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害が1級または3級
  3. 免疫、肝臓の障害が1級〜3級

(2)戦傷病者手帳を持っている人で障害の程度が1.か2.のいずれかに該当する人

  1. 両下肢、体幹の障害が「特別項症」~「第2項症」
  2. 内臓機能の障害が「特別項症」~「第3項症」

(3)介護保険「要介護5」の人

(注)(1)から(3)に該当し、かつ上肢もしくは視覚の障害の程度が身体障害者手帳で1級または戦傷病者手帳で「特別項症」~「第2項症」の人は、事前に手続きをすると代理人の記載で投票できます。

他の市区町村に滞在している人の不在者投票

 仕事などで他の市区町村に滞在し、選挙期間中に上越市へ帰ることができない人は、市選挙管理委員会に投票用紙を請求し、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。

 不在者投票は、滞在地で行った不在者投票の投票用紙が投票日までに市選挙管理委員会へ到着する必要があります。早めに手続きをしてください。 書類に必要事項を記入の上、市選挙管理委員会事務局(〒943-8601上越市木田1-1-3)へ郵送してください。

未来のためにみんなで投票 めいすいくんの家族(イラスト)

このページの先頭

市政トピックス

韓国・浦項(ポハン)市の高校生が当市を訪問

関根学園高等学校の生徒と浦項市の高校生がスマートフォンで写真を撮っている様子(写真)

 1月28日~30日の間、友好都市・浦項市の高校生23人が、市内でホームステイをしながら、茶道体験のほか、高田世界館や水族博物館うみがたりの見学などを行いました。
 関根学園高等学校では、同校の生徒が空手や剣道、ダンスを披露して浦項市の高校生を歓迎し、プレゼント交換をしたり、スマートフォンで写真を撮ったりして交流を深めました。

上越市の文化を全国へ発信

実行委員会会長の村山市長が挨拶する様子(写真)

 「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」(9月15日(日曜日)~11月30日(土曜日)の開催に向け、上越市実行委員会の第1回会議が2月1日に行われました。

 新潟県初開催となるこのイベントは、文化活動の発や障害のある人への理解を深めることなどを目的に、県内各地で多彩なイベントが行われます。当市では、太鼓の祭典と合唱祭典のほか、市民が出演する創作音楽劇の開催等が予定されています。

 会議には、市内の太鼓や合唱、福祉団体などの代表が出席し、事業スケジュールの確認などを行いました。
 実行委員会の会長を務める村山市長は、「当市に根付く歴史と文化に改めて誇りを持ち、国民文化祭の開催をまちの活気やにぎわいづくりのきっかけとしながら、当市の文化を全国に発信していきたい」と語りました。

ふっとつロゴ

転入・転出などの手続きはお早めに

 3月から4月は、引っ越しの手続きで窓口が大変混み合います。手続きは、待ち時間を除き平均30分程度かかります。
 また、受付時間を過ぎると一部システムが停止し、対応できない場合があります。時間内に全ての手続きが済むようにお越しください。

問合せ:市民課(電話:025-526-5111、内線1744)

手続き場所

 市民課、各総合事務所、南・北出張所

受付時間

 月曜日~金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)

ただし、3月31日(日曜日)と4月7日(日曜日)は、市役所木田庁舎、各総合事務所などの窓口を開設します(一部対応できない手続きがあります。

転出時の届け出とその後の手続き

転出するときは、住民異動届が必要です。届け出により転出証明書を発行しますので、新たにお住まいになる市区町村へ提出し、転入手続きをしてください。

手続きの時期

 転出の場合は、異動予定日までに手続きをしてください。異動予定日のおおむね2週間前から手続きができます。転入・転居の場合は、新しい住所地に住んでから2週間以内に手続きをしてください(新しい住所地に住む前の手続きはできません)。

届け出時に必要なもの

 運転免許証、在留カードなど本人確認ができるものが必要です。マイナンバーカード、通知カードおよび住民基本台帳カードを所持している人は、必ず持参してください。

住民異動届のほかに必要な届け出など

 転入・転出などと併せて、他に手続きが必要な場合があります。該当する制度やサービスを利用している人は手続きをしてください。

ガス水道の使用開始・中止の申し込み

 引っ越しの日が決まり次第、早めに申し込んでください。事前の申し込みがある場合は、日曜日や祝日も作業を行います。

申し込み・問合せ:ガス水道局料金センター(電話:025-522-7030)またはガス水道局ホームページの「お申し込みフォーム」から申し込むことができます

年度末・年度始めの日曜日に窓口を開きます

開設日時:3月31日(日曜日)、4月7日(日曜日)午前8時30分~午後5時15分

詳しくは記載されている担当課へ問い合わせてください。

その他サービスの連絡先

電気に関すること 東北電力株式会社コールセンター(フリーダイヤル:0120-175-266)

電話に関すること NTT東日本(局番なしの116)

このページの先頭

カメラスケッチ

昔へタイムスリップ 瞽女(ごぜ)門付(かどづけ)風景再現&瞽女唄演奏会 2月10日(日曜日)

雪が降る中、雁木の町並みを歩く4人のモノクロ写真

街並みを歩く写真・三味線を披露する写真

 「NPO法人高田瞽女の文化を保存・発信する会」が、高田瞽女の門付けを再現するイベントを開催しました。時折雪の降る中、瞽女役の4人が雁木の町並みを歩く姿や、座敷で唄と三味線を披露する姿が再現されました。
(市民カメラマン 小池 敏久さん)

獅子に無病息災を願って ろばた館 新春もちつきと獅子舞の演舞 1月20日(日曜日)

「3人づき」と「あばれ獅子演舞」の様子(写真)

 3人で交互に餅をつく「3人づき」の杵つき餅が振る舞われたほか、名立区折平地区の伝統芸能「あばれ獅子」の演舞が行われました。
 2人で操る獅子舞は、激しくもユーモラスな動きで観客を楽しませていました。
(市民カメラマン 池田 正彦さん)

雪の世界を堪能 日本スキー発祥108周年 レルヒ祭 2月2日(土曜日)、3日(日曜日)

イベントの様子(組写真)

 天候に恵まれ、会場の金谷山スキー場は多くの家族連れなどでにぎわいました。初めて実施したLEDスカイランタンリリース「灯のオーロラ」では、夜空に浮かぶランタンの明かりが、会場を幻想的な雰囲気へと誘いました。
(市民カメラマン 写真1~3:坪野内 良智さん 写真4、5:飯田 慶二さん) 

オーストリア大使館のグレーゴル・チェルス全権公使(写真)
 今年で日本・オーストリア友好150周年を迎えたことに伴い、オーストリア大使館のグレーゴル・チェルス全権公使も会場へ訪れました。

華やかにおもてなし 上越妙高駅でひな祭り

華やかなひなかざりの様子(組写真)

 「上越妙高駅と共に歩む会」が、上越妙高駅のPRスペースで、ひな壇や吊るし飾りなどを展示し、駅を行き交う人々を魅了しています。展示は、3月24日(日曜日)まで行われます。