ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 広報上越 > 広報上越(2020年12月号 No.1107)Web版

広報上越(2020年12月号 No.1107)Web版

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月8日更新

令和2年 今年を振り返る

 新型コロナウイルス感染症の影響により、市内でもさまざまなイベントが延期または中止となり、小中学校などの臨時休業や公共施設の臨時休館(休業)など、日常生活にも変化が生じました。
 最近では徐々にイベントの開催や県境をまたぐ往来が増え、「新しい生活様式」を取り入れた生活にも慣れつつあると思います。
 来年は今年以上に楽しむことができる1年となることに期待しましょう。

主なできごと

上越体操場ジムリーナがオープン

オープン記念イベントでは、国内トップクラスの選手たちが演技を披露しました。

上越体操場ジムリーナがオープン(写真)

上越地域消防局、上越消防署が運用開始

 上越地域の防災拠点の役割を担い、大規模災害などにも対応します。

上越地域消防局が運用開始(上越消防署は17日から)

小林古径記念美術館が開館

 古径作品をはじめ、当市ゆかりの美術品が展示されています。

小林古径記念美術館がオープン(写真)

高田城址公園観桜会

 露店や物産展の中止など、規模を縮小しての開催となりました。

「高田城百万人観桜会」から名称変更し、「第95回高田城址公園観桜会」を規模を縮小して開催(写真)

上越地域図柄入りナンバープレート交付開始

 最近では、これらのプレート付けた車を見かけることが多くなりました。

上越地域図柄入りナンバープレート交付開始(写真)

無印良品 直江津がオープン

 オープンに先行し、株式会社良品計画と市が連携して高校生招待イベントを実施。8月からは店舗と地域をつなぐ移動販売バスが運行されました。

直江津ショッピングセンター内に「無印良品 直江津」がオープン(写真)

高田城三重櫓ブルーライトアップ

 医療従事者や、最前線で社会を支える皆さんへの感謝と応援の気持ちを込めて実施しました。

高田城三重櫓ブルーライトアップ(写真)

1月

  • 6日 新年祝賀会を開催
  • 26日 上越体操場ジムリーナがオープン(写真参照)
  • 27日 ・株式会社良品計画、頸城自動車株式会社、上越市の三者による地域活性化に向けた包括連携協定を締結
    ・少雪に伴い、除雪事業者などに緊急金融支援を実施

2月

  • 1日~2日 日本スキー発祥109周年レルヒ祭を開催
  • 22日 灯の回廊を開催
  • 26日 ドイツパラリンピック柔道チームが市内で合宿(3月6日まで)
  • 29日 県内で新型コロナウイルス感染症患者が確認され、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置(11月11日時点で第7回まで本部会議を開催)

3月

  • 3日 上越市消防団が日本消防協会定例表彰 特別表彰「まとい」を受賞、4日に消防庁長官表彰「竿頭綬」を受章
  • 4日 幼稚園・小中学校の臨時休業、公共施設の児童・生徒の利用制限などを実施(4月6日に再開および解除)
  • 9日 上越地域消防局が運用開始(上越消防署は17日から)(写真参照)

4月

  • 1日 ・「高田公園」から「高田城址公園」に名称変更
    ・「高田城百万人観桜会」から名称変更し、「第95回高田城址公園観桜会」を規模を縮小して開催(15日まで)(写真参照)
    ・高田城と春日山城の御城印の頒布を開始
    ・名南保育園と私立たちばな保育園が統合し、私立名立たちばな保育園が開園。南川保育園とくびきひよこ園が統合(名称は南川保育園)
  • 4日 令和2年成人式が中止
  • 7日 ・市内で新型コロナウイルス感染症患者が確認され、健康相談コールセンターを設置
    国が7都府県を対象に緊急事態宣言を発出
  • 9日 公共施設の児童・生徒の利用制限などを実施
  • 16日 緊急事態宣言の対象が全都道府県に拡大
  • 19日 公共施設の臨時休館(5月11日から順次再開)
  • 26日 上越市議会議員一般選挙、板倉区・三和区地域協議会委員の選任投票を実施

5月

  • 11日 上越地域図柄入りナンバープレート交付開始(写真参照)
  • 14日 新潟県などの緊急事態宣言が解除
  • 27日 高田城三重櫓のブルーライトアップを実施(写真参照)

6月

  • 19日 株式会社スマイルリゾートと安塚雪だるま高原指定管理者の指定に関する共同記者会見を開催

7月

  • 18日 「上越蓮まつり」から名称変更し、「第41回高田城址公園観蓮会」が規模を縮小して開催(8月23日まで)
  • 20日 直江津ショッピングセンター内に「無印良品 直江津」がオープン(写真参照)
  • 21日 「城下町高田まち歩きガイドブック」を発行

8月

  • 16日 第95回謙信公祭を規模を縮小して開催

9月

  • 16日 櫛池隕石落下100周年記念観望会を開催

10月

  • 1日 令和2年国勢調査を実施
  • 3日 小林古径記念美術館がオープン(写真参照)
  • 11日 第13回えちご・くびき野100kmマラソンが中止
  • 24日 ・新潟県原子力防災訓練(20日にも実施)
    第15回越後・謙信SAKEまつり2020がオンラインで開催
  • 25日 新型コロナウイルス感染症対策などを掲載した「広報上越11月号別冊(保存版)」を発行
  • 26日 上越市「地域の宝」に60件を認定
  • 31日 第72回全国人権・同和教育研究大会(11月1日まで)が来年に延期

11月

  • 6日 上越市表彰式を開催
  • 24日 ・ガス水道局が新庁舎で業務を開始
    ・運転免許センター上越支所が直江津駅前複合ビル「うみらいず」へ移転

(注)延期や中止となったイベントは、当初の開催予定日で掲載。
(注)太字の箇所は新型コロナウイルス感染症に関する出来事。 

このページの先頭へ

市政トピックス

高田城址公園の土塁の環境整備を実施

 10月17日、高田城址公園の貴重な歴史資源である本丸土塁の環境整備を行いました。
 作業には、上越市公園緑地建設業協会のほか、上越教育大学、上越商工会議所、高田城址公園周辺にお住まいの皆さんがボランティアとして参加しました。
 上越教育大学附属中学校を取り囲む土塁の北西部分において、協会の皆さんが約50本の雑木を伐採し、その他の参加者で伐採木の搬出作業を行いました。

 問合せ:都市整備課(電話:025–526–5111、内線1369)

伐採木を運ぶボランティアの皆さん(写真)

新潟県原子力防災訓練に参加

 10月20日、24日に訓練が実施され、20日は県の災害対策本部運営訓練などが、24日は原子力発電所から30km圏内の市町村の住民を対象とした避難訓練などが行われました。

 当市では、柿崎区と吉川区の全域、大島区・浦川原区・大潟区の一部の町内会の皆さんが、自宅などで屋内退避訓練を実施しました。その後、柿崎区の一部の町内会の皆さんが、バスによる一時移転訓練や放射性物質の付着の有無を調べるスクリーニング訓練などにも参加し、避難行動の手順を確認しました。

 問合せ:原子力防災対策室(電話:025-526-5111、内線1446)

直江津港南ふ頭緑地公園で行われたスクリーニング訓練(写真)

地域中核企業が行う新製品の開発現場を視察

 10月23日、市の「地域中核企業成長促進モデル支援事業」を活用している柿崎区の三星工業(株)の新製品開発現場を市長が視察しました。
 この事業は、地域経済への波及効果が期待される企業の新製品・新技術の開発や生産性の向上などを支援するもので、今年度新たに創設し、今回は同社を選定しました。
 なお、市では来年度の同事業の支援を希望する企業の相談を受け付けています。

 問合せ:上越ものづくり振興センター(電話:025-522-2666)

村山市長は「新たな挑戦に期待したい」と話しました(写真右)

関山演習場での日米共同訓練の実施に対して安全対策を要望

 12月7日(月曜日)から18日(金曜日)まで、陸上自衛隊関山演習場で日米共同訓練が行われることが公表されました。
 これを受け、11月13日の公表当日に、上越市・上越市議会・妙高市・妙高市議会の連名で、北関東防衛局長と陸上自衛隊第12旅団長に対し、周辺住民の安全安心に支障が及ばないよう万全の体制を整えることをはじめ、適切な情報提供や騒音対策、新型コロナウイルス感染症対策などについて要望しました。

 訓練の内容などは、市ホームページなどでお知らせしています。

 問合せ:危機管理課(電話:025-526-5111、内線1462)

このページの先頭へ

冬に備えましょう

 本格的な雪のシーズンが訪れます。しっかりと備え、安全な除雪や事故の防止に努めましょう。
 市ホームページでは、全市域の除雪車の稼働状況や除雪の進行状況などを公開しています。
 また、主要な地点の降積雪量や市全域の降雪予報も掲載しています。

雪情報バナー(画像)
 市ホームページのトップページ左側に上のバナーを掲載します。(12月1日~令和3年3月31日)

毎年、除雪中の事故が発生しています

毎年、雪による事故で、多くの人がけがをしています。事故原因の多くは、屋根雪下ろし中の落下と除雪機の作業によるものです。事故を防ぐために、次の注意点を確認し、作業を行ってください。また、疲れているときは、無理をせず作業を控えましょう。

問合せ:危機管理課(電話:025-526-5111、内線1732)

屋根雪下ろし作業時の注意点

  • 作業は、家族や隣近所にも声を掛け2人以上で行いましょう。
  • はしごを使うときは横滑りや転倒を防ぐため必ず固定し、はしごから屋根へ移動するときは特に注意しましょう。
  • 屋根の下を通る人、特に子どもに注意しましょう。
  • 屋根からスノーダンプで雪を下ろすときは、一緒に落下しないよう無理をせず小分けにして雪を下ろしましょう。
  • 作業する際は、ヘルメットや滑りにくい履物を着用し、安全帯や命綱も使用しましょう。
  • 屋根雪下ろし作業時の注意点や作業用具について、詳しくは、新潟県地域政策課ホームページをご覧ください。
    「除雪作業中の事故にご注意ください」、「雪下ろし作業用具(安全帯、命綱、アンカー等)の入手、使い方について」(外部リンク)

除雪機による作業時の注意点

  • 除雪機に巻き込まれないよう、服装を整えましょう。
  • 作業中は、周りに人を近づかせないようにしましょう。
  • 安全装置を無効化して使用することはやめましょう。
  • 除雪機に詰まった雪を取り除くときは、必ずエンジンを止めてから、雪かき棒などを使用しましょう。
  • 除雪機から離れるときは、必ずエンジンを止めましょう。
  • 除雪機の、移動中や収納中にも気を付け、特に後進時は注意しましょう。

要援護世帯の除雪費を助成

屋根、玄関前、下ろした屋根雪、車庫、納屋などを自力で除雪することが難しい世帯で、一定の要件を満たす場合は、業者などに除雪を依頼する費用の一部を助成します。お住まいの地域の民生委員・児童委員に相談してください。

助成上限額:多雪区域6万5,600円、その他の区域4万1,000円

問合せ:高齢者支援課(電話:025-526-5111、内線1675)または各総合事務所

道路除雪についてのお願い

 除雪車は、車道積雪が10cm以上、またはこれに達することが見込まれる場合に出動し、夜間の限られた時間で長距離の除雪を行います。

 このため、次のことにご協力をお願いします。

道路の除雪

除雪車は道路脇に雪をかき分けます。自宅の玄関前などの雪処理にご協力ください。また、雪を道路へ出さないでください。

樹木や消雪施設は適切に管理を

除雪車に接触し除雪できない場合があり、雪で曲がった枝が通行を妨げるほか、交通事故の危険性が高まります。

作業中の除雪車には近づかない

特に夜間は除雪車の運転席からの見通しが悪く、事故に巻き込まれる恐れがあります。

路上駐車はやめましょう

除雪作業を妨げ、車に傷をつける恐れがあります。また、通行する人の迷惑になります。

問合せ:道路課雪対策室(電話:025-526-5111、内線 1691)または各総合事務所

地盤沈下を防ぐために、節水にご協力ください

 消雪のため地下水を多く汲み上げると、地盤が沈下し、住宅などに大きな被害が発生する恐れがあります。雪が降りやんでいるときは、消雪パイプの水をこまめに止め、人力や機械による除雪を行うなど、地下水の節水にご協力ください。

 また、市では地盤沈下の進行を抑制するため、揚水設備の設置を規制しています。
届け出などが必要な地域で揚水設備を設置・変更する場合は、着工前に市、県または施工業者に問い合わせてください。

設置者の皆さんへのお願い

  • 揚水量を抑制するため、節水型の自動降雪感知器の設置や汲み上げた地下水の再利用に努めてください。
  • 事業所や集合住宅では、機械除雪の併用に努めてください。
  • 地盤沈下の恐れがあるとき、県は地盤沈下注意報や警報を発令しますので、地下水の一層の節水にご協力ください。特に、警報発令時は、地下水の使用量の半減に努めてください。

問合せ:環境保全課(電話:025-526-3496)

ガス水道設備の損傷を防ぐために

一酸化炭素中毒やガス漏れによる事故に気を付けましょう

  • 雪でふろ釜や湯沸器の給気口が埋まったり、排気筒が折れたりすると一酸化炭素中毒の事故につながります。雪の状況を見て給気口などの設備を点検してください。
  • 雪下ろしや除雪でガス管やLPガス設備が損傷し、ガス漏れによる事故につながる恐れがあります。ガスメーターやガス管、LPガス設備に雪をぶつけないように注意してください。

水道管の破裂に気をつけましょう

  • 外気温が氷点下になると、水道管内の水が凍り、管が破裂することがあります。保温材や凍結防止ヒーターの取付けや蛇口から細く水を出すことで凍結を防止してください。
    凍結した場合は、蛇口を開けて凍結部分にタオルを当て、その上から約50度のお湯をかけてゆっくり解凍してください。
  • 水道管が破裂したときは、メーターボックス内の止水栓を閉め、お近くのガス水道局指定工事業者へ連絡してください。

問合せ
都市ガス、水道に関して:ガス水道局(電話:025-522-5512)または各営業所
LPガスに関して:一般社団法人新潟県LPガス協会(電話:025-267-3171)

このページの先頭

市役所木田庁舎、総合事務所、南・北出張所で年末に窓口を開きます

開設日時:12月29日(火曜日)、30日(水曜日)午前8時30分~午後5時15分

下記の手続きを行います。詳しくは市役所(電話:025-526-5111)の各担当課などへ問い合わせてください。

12月29日(火曜日)、30日(水曜日)に開設する窓口
場所 開設窓口 手続きができる各種届け出など 問合せ
市役所木田庁舎 1階 市民課

・住民異動届(転出、転入、転居など)

(注)届け出に伴うマイナンバーカード、住民基本台帳カードの氏名、住所の更新などの手続きはできない場合があります。
(注)他市町村への照会が必要な場合や、転出証明書を持参しない特例転入は手続きができない場合があります。

内線1122、1130
・戸籍届(出生、死亡、婚姻など) 内線1309
・戸籍謄抄本(除籍、原戸籍を含む)、住民票の写し(広域交付を除く)、印鑑登録証明書などの交付、印鑑登録 内線1123、1744
パスポートセンター
(市民課前)

・一般旅券(パスポート)の交付(受取)

(注)申請はできません。受け取りの際は、事前に収入印紙と新潟県収入証紙を購入してお越しください。

内線1746
国保年金課 ・国民健康保険の各種申請、相談 内線1139、1161
・国民年金の加入届、免除申請、学生納付特例申請 内線1144
・後期高齢者医療制度、老人医療費助成制度の各種申請、相談 内線1138
福祉課 ・ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、重度心身障害者医療費助成(県障)、自立支援医療(更生、育成、精神通院)の各種申請、交付、相談 内線1506、1118
・ 特別障害者手当などの各種手当、障害福祉サービスの各種申請、相談 内線1651、1507
高齢者支援課 ・介護保険の各種申請 内線1158、1193
・高齢者福祉サービスの相談 内線1156
こども課 ・ 児童手当、児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成などの各種申請、相談 内線1711、1162
健康づくり推進課

・乳幼児健診、児童に係る予防接種の相談、母子健康手帳の交付

(注)窓口はこども課です。

内線1161
2階 税務課 ・所得・資産・納税証明書の発行 内線1241
収納課 ・市税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育料、市営・県営住宅(駐車場)使用料の納付受付 内線1230~1232
保育課 ・保育園・認定こども園の入園相談 内線1848
ガス水道局 料金センター ・転居に伴うガス、水道の開閉栓手続き、料金の納付受付 電話:025-522-7030

(注)各総合事務所、南出張所(電話:025-525-4151)、北出張所(電話:025-544-2111)でも、木田庁舎と同様の業務を行います。(パスポートの交付を除く)

年末年始の業務(12月31日(木曜日)~令和3年1月3日(日曜日))

出生、死亡、婚姻届などは、木田庁舎および3総合事務所(浦川原区、柿崎区、板倉区)の時間外受付で受け付けます。

12月から市民課、南・北出張所の窓口開設時間が変わります

問合せ:市民課(電話:025-526-5111、内線1744)

期間:12月1日(火曜日)~令和3年2月26日(金曜日)

窓口開設時間:午前8時30分~午後5時15分

こちらもご利用ください 便利な手続き

「住民票の写し」、「印鑑登録証明書」の時間外交付

電話予約の上、市役所時間外受付(地下1階)、3総合事務所(浦川原区、柿崎区、板倉区)の時間外受付、雁木通りプラザ受付、レインボーセンター受付で、時間外や休日に受け取ることができます。

夜間・休日の住民票の写し及び印鑑登録証明書の受け取り(市民課)

住民票の写しなどのコンビニ交付

マイナンバーカードを使用し、コンビニエンスストアなどのマルチコピー機から証明書を取得できます。

コンビニ交付サービスをご利用ください(市民課)

年末年始の診療のご案内

上越休日・夜間診療所(電話025-522-3777)

上越休日・夜間診療所
診療日 診療科目 受付時間
12月29日(火曜日) 内科、小児科 午後7時30分~9時30分
12月30日(水曜日) 内科、小児科 午前9時~午後8時30分
12月31日(木曜日)~令和3年1月3日(日曜日) 内科、小児科、外科 午前9時~午後8時30分(外科は午後3時30分まで)

(注)6か月未満の乳児は、医師の出務状況により診察できない場合がありますので、事前に問い合わせてください。
(注)発熱や咳など風邪症状で受診する場合は、必ず事前に電話してから受診してください(電話は受付時間内のみ)。

上越歯科医師会休日歯科診療センター(電話:025-522-1202)
12月6日からは上越休日歯科・障がい者歯科診療センター(電話:025-523-5775)

  • 診療日:12月30日(水曜日)~令和3年1月3日(日曜日)
  • 診療科目:歯科
  • 受付時間:午前9時~11時30分、午後1時~3時30分

上越歯科医師会休日歯科診療センターは12月6日(日曜日)に移転します

「上越休日歯科・障がい者歯科診療センター」(新光町1丁目8-11)として、上越保健センター内に移転します。

(注)駐車場は上越保健センター駐車場のほか、上越歯科医師会駐車場も利用できます。
(注)併設の障がい者歯科診療センターは令和3年4月に開設予定です。

移転先地図

上越地域医療センター病院(電話:025-523-2131)

救急患者の診療を除き、12月29日(火曜日)~令和3年1月3日(日曜日)は休診します。

年末年始のごみ収集・し尿くみ取り

 問合せ:生活環境課(電話:025-526-5111、内線1020-1655、1367)

1月1日(金曜日・祝日)~3日(日曜日)はごみの収集を休止します

 休止期間以外の年末年始のごみ収集は、「ごみ分別収集カレンダー」のとおり行います。

燃やせるごみをクリーンセンターへ直接搬入する場合

クリーンセンターの営業は以下のとおりです。なお、搬入の際は、一般車両よりごみ収集車両を優先しますので、現場の案内に従ってください。

  • 営業時間:午前8時30分~午後4時30分 ((注)午前11時30分~午後1時は受け入れは行いません)
  • 営業日程:12月28日(月曜日)、29日(火曜日)、30日(水曜日)、31日(木曜日)、1月4日(月曜日)

ごみを出すときのお願い

 年末年始は家庭ごみの量が特に多くなるため、次のことを守ってください。

  • 年明け最初のごみ出しは「容器包装(プラスチック製・紙製)」の排出量が特に多くなるため、できるだけ圧縮し、一度に出さず、何度かに分けてください。
  • 資源物常時回収ステーション(回収品目:缶・びん・ペットボトル・新聞紙・雑誌類・段ボール)は、仕事などの都合で指定日にごみが出せない人のための施設です。できる限り町内の集積所に出してください。
    なお、事業所からの排出物は持ち込むことができません。

し尿のくみ取り

  • 年末の収集:12月25日(金曜日)まで (注)24日(木曜日)正午までに申し込んでください。
  • 年始の収集:令和3年1月4日(月曜日)から

このページの先頭

令和2年度上越市表彰 功績をたたえて

11月6日に令和2年度上越市表彰式を行い、各分野で功績のあった89人と3団体を表彰しました。

令和2年度上越市表彰 功績をたたえて(秘書課)

このページの先頭

令和2年度の財政状況(9月末現在)

 市では、「上越市財政状況の公表に関する条例」に基づき、年2回、市の財政状況を公表しています。
今回は、9月末の収支状況と市債(市が長期間にわたり返済する借入金)の現在高をお知らせします。
厳しい財政状況を踏まえ、引き続き、計画的かつ効率的な予算の執行に努めます。

問合せ:財政課(電話:025-526-5111、内線1758)

(注)表示単位未満を四捨五入しているため、合計と内訳が一致しない場合があります。
(注)割合については、四捨五入前の数値で計算しています。

一般会計

予算現額 1,219億5,502万円 (注)令和元年度からの繰越予算を含む

歳入予算

 歳入予算1,219.6億円(うち収入済額659.7億円(54.1%))

  収入率 予算現額
国庫支出金 67.8% 340.2億円
市税 60.5% 298.8億円
地方交付税 65.2% 210.7億円
市債 1.5% 96.2億円
県支出金 16.9% 69.1億円
地方消費税交付金 51.6% 47.9億円
諸収入 20.1% 47.6億円
繰越金 100% 44.1億円
繰入金 4.6% 19.7億円
使用料及び手数料 38.2% 18.4億円
地方譲与税 28.8% 11.0億円
財産収入 64.8% 4.1億円
その他 49.7% 11.9億円

歳出

歳出予算 1,219.6億円(うち支出済額 589.6億円(48.3%))

  執行率 予算現額
総務費 71.1% 330.9億円
民生費 42.4% 284.8億円
公債費 42.0% 144.3億円
土木費 17.3% 115.4億円
教育費 34.4% 105.8億円
商工費 60.4% 70.7億円
衛生費 34.2% 69.5億円
農林水産業費 46.1% 52.4億円
消防費 63.9% 30.7億円
災害復旧費 36.5% 7.7億円
議会費 49.2% 4.2億円
その他 52.9% 3.1億円

一時借入金の現在高:なし

 一時借入金は、一般会計・特別会計で会計年度中に事業などで支払うお金が一時的に不足したときに、その不足を補うために借り入れるものです。

基金繰替運用額:124億3,164万円

 基金繰替運用は、一般会計・特別会計の支払資金の不足を基金会計から一時的に補うことです。

特別会計

 特別会計は、市が特定の事業を行う場合にその事業で得られる収入を財源として支出するために、一般会計とは別に経理を行う会計です。

名称 歳入歳出予算現額 収入率 執行率
国民健康保険 176億8,370万円 40.0% 36.8%
診療所 4億7,374万円 20.8% 38.3%
介護保険 240億2,829万円 45.3% 40.6%
地球環境 2,048万円 5.4% 32.5%
後期高齢者医療 22億2,601万円 31.4% 39.7%
合計 444億3,222万円 42.2% 39.0%

地方公営企業法適用企業会計

 以下の企業会計は、地方公営企業法の適用を受けて経営しているもので、独立採算性を原則として同法で細かく民間企業的な経営が求められています。

収益的収支

事業名 収入予算現額 収入率 支出予算現額 執行率
ガス事業 67億4,251万円 42.9% 64億7,666万円 43.3%
水道事業 67億9,616万円 49.6% 55億9,366万円 49.6%
工業用水道事業 1,733万円 49.7% 1,401万円 39.0%
病院事業 28億113万円 32.3% 28億8,268万円 36.8%
下水道事業 107億2万円 44.1% 98億3,580万円 47.7%

資本的収支

事業名 収入予算現額 収入率 支出予算現額 執行率
ガス事業 3億6,789万円 6.5% 17億3,499万円 75.7%
水道事業 10億1,846万円 7.9% 43億4,034万円 69.4%
工業用水道事業 0円 416万円 42.4%
病院事業 2億1,077万円 9.8% 3億1,690万円 21.7%
下水道事業 103億9,872万円 12.4% 128億1,229万円 41.9%

市債現在高

(増)(減)は、令和元年度9月末の額と比較した増減を表しています。

一般会計 1,243億3,118万円(増)

交付税の補填のための借入  425億6,510万円 (減)
道路や橋、公園などの整備  176億172万円 (減)
小・中学校などの整備  155億3,610万円 (増)
庁舎整備、基金造成など  149億5,379万円 (減)
ごみ・し尿処理施設などの整備  105億8,806万円 (減)
土地開発公社の解散経費  84億1,544万円 (減)
消防施設、消防車などの整備  55億3,828万円 (増)
高齢者福祉施設、保育園などの整備  37億5,303万円 (増)
農道、ほ場、林道などの整備  27億2,293万円 (増)
観光施設などの整備  18億4,799万円 (増)
減税補填債  4億4,969万円 (減)
災害復旧事業  3億3,603万円 (増)
職業訓練施設の整備  85万円 (減)
その他  2,218万円 (減)

地方公営企業法適用企業会計 1,104億8,978万円(減)

下水道事業 922億480万円 (減)
水道事業 143億1,501万円 (減)
ガス事業 27億7,815万円 (減)
病院事業 11億9,182万円 (減)

特別会計 7,401万円(減)

診療所 7,401万円(減)

広域消防の財政状況

上越地域消防事務組合

 上越地域消防事務組合は、上越市と妙高市が負担金を支出して消防業務を実施する一部事務組合の組織です。

問合せ:上越地域消防局総務課(電話:025-545-0227)

令和元年度決算
  • 歳入:67億3,170万円
  • 歳出:67億365万円
  • 差引:2,804万円
令和2年度の収支状況(9月末現在)
  • 予算現額:28億9,414万円
  • 収入済額:20億3,570万円
  • 支出済額:12億4,435万円
  • 基金残高(財政調整基金):1億6,254万円
  • 地方債残高(消防施設整備事業債等):9億4,229万円
  • 一時借入金残高:0円

(注)表示単位未満を四捨五入しています。

このページの先頭

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ