ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 小川未明文学館 > 令和3年度特集展示3 小川未明と坪内逍遥

令和3年度特集展示3 小川未明と坪内逍遥

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月20日更新

 小川未明文学館では、未明に関するさまざまな資料を収集しています。
 令和3年度は、その資料を活用した「特集展示」を4回開催する予定です。

 今回の特集展示3では、小川未明と、早稲田大学で出会った恩師・坪内逍遥の交流を、文学館が所蔵する写真・はがき等の資料で紹介します。

文壇デビューの頃の小川未明 文壇にデビューした頃の小川未明(22歳頃)

会期

 令和3年10月29日(金曜日)から令和4年1月28日(金曜日)まで

主な展示資料

展示資料 内容

「新小説」9年9巻 明治37年(1904年)9月刊 春陽堂発行

逍遥の紹介で発表した、未明のデビュー小説「漂浪児」を掲載。

未明宛て逍遥からのはがき 明治末~大正2年(1913年)頃

未明の風邪を案じる内容のはがき。

「十六人集」 大正9年(1920年)2月刊 新潮社発行

未明がスペイン風邪で危篤に陥った際、文壇諸氏が印税を贈った本。逍遥はあとがきを執筆。

逍遥の墓前に手を合わせる未明の写真 昭和26年(1951年)5月29日撮影

静岡県熱海市にある逍遥の墓に参る未明の写真。

 展示ケース2台分の展示内容です

開館時間

 火曜日から金曜日 午前10時から午後7時まで

 土曜日・日曜日、祝日 午前10時から午後6時まで

休館日

 会期中における休館日

 月曜日(祝日の場合は除く)、第3木曜日、祝日の翌日、12月29日~翌年1月3日

会場

 小川未明文学館 常設展示場

入館料

 無料

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ