ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上越市立歴史博物館 > 市制施行50周年記念特別展「上越のみほとけ 「越後の都」の祈り」

市制施行50周年記念特別展「上越のみほとけ 「越後の都」の祈り」

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月14日更新

特別展ポスター(画像) 特別展ポスター

 上越市はかつて「越後の都」であった直江津・高田の両地域と、それを支え、その影響を受けてきた広大な地域からなります。そのため、市域には多くの文化財が存在しています。現在、国・県・市が指定する貴重な文化財は371件におよび、県内随一の質と量を誇るのも、この土地が「越後の都」であったからにほかなりません。

 このたびの市制施行50周年を記念する特別展では、これらの文化財のなかから「祈り」に光をあてることとしました。国指定重要文化財3体を含む、およそ30体の仏像と懸仏を一堂に会し、「越後の都の祈り」を紐解く試みです。

 本展覧会が、仏像を通して「越後の都」としてこの地が存在した長い年月へ思いをはせる機会となり、あわせて、人びとが捧げてきた「祈り」に、現在世界中にまん延する疫病を克服せんとする私たちの「祈り」を重ねる機会となればと考えています。

 特別展チラシ [PDFファイル/2.21MB]

 出品目録 [PDFファイル/214KB]

会期

 令和3年10月9日(土曜日)から11月21日(日曜日)まで

 (注)会期中無休 

 (注)新型コロナウイルス感染症の状況により、臨時休館となる場合があります。

開館時間

 午前9時から午後5時(入館券の販売は午後4時30分まで)

入館料

区分 個人 団体
一般 510円 410円
小学生・中学生・高校生 260円 210円
  1. 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  2. 幼児および市内の学校に通う小学生・中学生は無料。
  3. 本料金で常設展示「越後の都」もご覧いただけます。
  4. 高田城三重櫓や市内歴史・文化施設を巡るお得な共通入館券もございます。詳細は、ご利用案内のページをご覧ください。

関連イベント

記念講演会「上越の仏像 謎を楽しむ」

定員に達したため、受付を終了しました。

 講師:川村知行氏(上越教育大学名誉教授・上越市文化財調査審議会委員長)

 日時:10月16日(土曜日) 午後2時~3時40分

 会場:リージョンプラザ上越 コンサートホール

 参加費:無料

 定員:100人(先着順・要事前申し込み)

 申込方法:必要事項(氏名、ふりがな、住所、電話番号)がわかるように、電話・FAX・メールでお申し込みください。

 申込先:上越市立歴史博物館(電話:025-524-3120、FAX:025-522-7205、Eメール:museum@city.joetsu.lg.jp(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。))

 申込期限:10月13日(水曜日)

学芸員による展示解説会

 日時:10月23日(土曜日)、11月6日(土曜日) 午前10時~11時

 参加費:無料(ただし、入館料が必要)

 その他:事前申し込みは不要です 

特別展図録の頒布

特別展の内容を紹介した図録を作成しました。

特別展「上越のみほとけ」図録(画像) 特別展図録

  • 発行日:令和3年(2021年)10月9日
  • 大きさ:A4判変型(297mm×225mm)
  • ページ数:64ページ(カラー48ページ、モノクロ16ページ)
  • 総論 川村知行氏「上越の仏像 伝来と文化財指定の経過」
  • 頒布価格:1,000円(税込)

電話・メール注文も受け付けております。詳しくは、図録ほか販売のページをご覧ください。

主な展示資料