トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月23日更新

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会バナー画像

 今年秋に、国内最大の文化の祭典「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」が新潟県で初めて開催されます。

大会概要

名称

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

テーマ

文化の丁字路 西と東が出会う新潟

キャッチフレーズ

文化ふっとつ新潟

テーマやキャッチフレーズの詳細は公式ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

公式ホームページバナーの画像

会期

9月15日(日曜日)から11月30日(土曜日)の77日間

会場

広く県内各地で開催 開会式会場:朱鷺メッセ

主催者

文化庁、厚生労働省、新潟県、新潟県実行委員会、県内市町村、文化団体等

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭とは

国民文化祭

 国民文化祭は、国民一般の各種の文化活動を全国的な規模で発表する場を提供すること等により、文化活動への参加の意欲を喚起し、新しい芸能、文化の創造を促し、併せて地方文化の発展に貢献するとともに、国民生活のより一層の充実に役立てることを目的とした国内最大の文化の祭典です。
 1986年の第1回東京大会から毎年国内各地で開催され、新潟県は第34回目となります。

全国障害者芸術・文化祭

 障害者の生活を豊かにするとともに、国民の障害への理解と認識を深め、障害者への自立と社会参加の促進を目的として、平成13年度から毎年開催されています。
 平成27年度の鹿児島県から国民文化祭の開催都道府県と統一され、平成29年度の奈良県からは国民文化祭と一体開催となっています。

障害者芸術・文化事業 障害のある人もない人も楽しめるイベントを開催します(外部リンク)

「障害者サポーターガイド研修」受講者募集します(外部リンク)

上越市主催事業

 詳しくは以下のページをご覧ください。

「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」上越市主催事業

妙高・上越エリア コア事業「発酵文化の礎を築いた先人たち」

 詳しくは以下のページをご覧ください。

妙高・上越エリア コア事業「発酵文化の礎を築いた先人たち」(外部リンク)

文化祭期間中に上越市内で開催する主な事業(主催事業・連携事業)

9月

上越市内で開催する事業 9月
事業名日程会場内容
たかだ花ロードウィーク

9月14日(土曜日)から
9月23日(月曜日・祝日)

高田本町商店街

上越市高田市街地一帯を会場に、お花やアート作品の展示、アーケードに張り巡らされた365日分の花言葉の中から自分の誕生日の花言葉を見つけながら街を歩くなど、「花」をテーマにしたイベントです。

問合せ
城下町高田 花ロード実行委員会事務局
(電話025-523-2517)

城下町高田花ロード(外部リンク)

市民創作音楽劇「くびき野の歌」

・9月21日(土曜日)
午後6時30分から8時30分(午後6時開場)

・9月22日(日曜日)
午後2時から4時(午後1時30分開場)

上越文化会館

自然豊かな上越市を舞台に、東京で生まれ育った姉弟が亡き父親の故郷で、地元の人々の優しさやたくましさに触れ成長していく姿を描いた、市民による音楽劇です。合唱とオーケストラの演奏とともにお楽しみください。

問合せ
上越文化会館
(電話025-522-8800)

上越文化会館(外部リンク)

人形浄瑠璃「猿八座」による「山椒太夫」の復活上演

9月22日(日曜日)午後2時から4時

佐渡汽船直江津港ターミナルビル

人形浄瑠璃「猿八座」による「山椒太夫」の復活上演です。

佐渡に伝わった文弥人形を継承する「猿八座」が人形浄瑠璃の名作を復活しました。

問合せ
山椒太夫国文祭公演実行委員会
(電話0257-23-8296)

山椒太夫国文祭公演実行委員会事務局(外部リンク)

浅利慶太 追悼公演
劇団四季ミュージカル「エビータ」

9月29日(日曜日)午後5時30分開演

上越文化会館

アルゼンチンの片田舎に生まれたエバ。彼女が大統領夫人となり、33歳でその生涯を終えるまでの一生を描いた物語です。

問合せ
上越文化会館
(電話025-522-8800)

上越文化会館(外部リンク)

発酵リレートーク
味わい、語らう

9月28日(土曜日)午後5時30分から7時30分

坂口記念館

上越市にちなんだ発酵食品を使った軽食や飲み物を味わい、地域の先人の偉業や発酵の歴史についての話を聞くイベントです。

問合せ
新潟県実行委員会事務局(新潟県文化振興課内)
(電話025-280-5933)

国民文化祭コア事業(外部リンク)

このページの先頭へ

10月

上越市内で開催する事業 10月
事業名日程会場内容

シエナ・スピリッツ上越公演2019

10月6日(日曜日)午後2時開演

上越文化会館

シエナ・ウインドオーケストラの中から選りすぐりのメンバーで構成されたユニットによる演奏会です。

問合せ
上越文化会館
(電話025-522-8800)

第49回上越市美術展覧会

10月6日(日曜日)から
10月14日(月曜日・祝日)午前10時から午後6時

高田公園オーレンプラザ、ミュゼ雪小町

市内外から300点を超える力作の応募があり、日本画、洋画・版画、彫刻・立体造形、工芸・グラフィックデザイン、書道、写真の全6部門を展示します。

問合せ
上越市教育委員会社会教育課
(電話025‐545-9245)

小川未明文学館特別展「未明と子どもたち」

10月12日(土曜日)から12月1日(日曜日)午前10時から午後7時(土曜日・日曜日・祝日は午後6時まで)

小川未明文学館

上越市出身で日本近代童話の父と呼ばれる小川未明の6人の子どもが、未明の創作活動に与えた影響などを紹介するほか、未明の人間性に共感した後輩たちについて紹介します。

問合せ
上越市文化振興課
(電話025‐526-6903)

太鼓の祭典

10月13日(日曜日)午前10時30分から午後5時30分(午前10時開場)

上越文化会館

全国から参加する太鼓団体と新潟県内の太鼓団体が一堂に集い、交流を深めながら太鼓の魅力を上越から全国に発信します。勇壮で躍動感あふれるステージをお楽しみください。

問合せ
第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭上越市実行委員会(上越市文化振興課内)
(電話025-526-6903)

国民文化祭上越市主催事業

高田まちかどフェスティバル

10月14日(月曜日・祝日)午前10時から午後6時(午前9時30分開場)

高田まちかど交流館

昭和初期に建てられた洋風建築が醸し出すレトロな雰囲気の中、音楽活動を行う団体等が集い、日頃の活動の成果を披露します。アコースティック楽器による多彩なステージをお楽しみください。

問合せ
第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭上越市実行委員会(上越市文化振興課内)
(電話025-526-6903)

国民文化祭上越市主催事業

朗読音楽劇 あらしのよるに10月19日(土曜日)午後3時開演上越文化会館

第1部 朗読・演奏会

世界各国で翻訳、購読されている絵本「あらしのよるに」の小説版を俳優竹下景子氏が朗読します。
伴奏はピアノ、フルート、ベース、パーカッションと4人のミュージシャン「レインドロップス」。

第2部 原作者/きむらゆういち氏と竹下景子氏との対談

問合せ
上越文化会館
(電話025-522-8800)

上越文化会館(外部リンク)

第14回 越後・謙信SAKEまつり2019

・10月19日(土曜日)午前11時から午後7時

・10月20日(日曜日)午前10時から午後4時

高田本町商店街

上越地域の日本酒をはじめ、ワイン、どぶろく、地ビールなど「SAKE」を一堂に集め、上越地域の酒づくり文化を紹介するイベント。当日しか入手できない「車懸(くるまがかり)」など、期間限定のお土産品の販売も行います。

問合せ
越後・謙信SAKEまつり実行委員会事務局(高田本町まちづくり株式会社内)
(電話:025-522-3415)

越後・謙信SAKEまつり(外部リンク)

「発酵の力」パネル展

・10月19日(土曜日)午前11時から午後7時

・10月20日(日曜日)午前10時から午後4時

高田まちかど交流館

応用微生物学の世界的権威である坂口謹一郎博士、「日本のワインぶどうの父」と呼ばれる川上善兵衛翁などの功績を紹介するとともに、越後・謙信SAKEまつりのブースでは発酵食品を販売します。

問合せ
新潟県実行委員会事務局(新潟県文化振興課内)
(電話025-280-5933)

国民文化祭コア事業(外部リンク)

発酵列車 酔いしれ、語らう

10月26日(土曜日)正午から午後4時30分

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまラインコース

えちごトキめき鉄道の貸切列車を活用した「発酵列車」。車内では、発酵の歴史を学ぶとともに、地元のワインに酔いしれるなど、地域の魅力が詰み込まれています。

問合せ
新潟県実行委員会事務局(新潟県文化振興課内)
(電話025-280-5933)

国民文化祭コア事業(外部リンク)

上越アール・ブリュット公募展

10月26日(土曜日)から10月29日(火曜日)午前10時から午後5時

ミュゼ雪小町

新潟県内から集められた創作作品の中から、今までみたことのないモノや、想像もつかないような手法で創られた作品を展示し、多様な価値観に触れることができる空間を演出します。

問合せ
社会福祉法人 みんなでいきる
(電話025-530-7264)

国民文化祭上越市主催事業

まちなかアートプロジェクト 0光年芸術展 上越座

10月26日(土曜日)から10月29日(火曜日)午前10時から午後5時

高田本町商店街、リブレリアホール

障害の有無に関わらず、それぞれの違いを認め合う多様性に満ちたアートプロジェクトを実施します。

問合せ
新潟県実行委員会事務局(新潟県文化振興課内)
(電話025-280-5987)

このページの先頭へ

11月

上越市内で開催する事業 11月
事業名日程会場内容

劇団レクラム舎
「べっかんこ鬼」

11月3日(日曜日・祝日)午後2時開演上越文化会館

劇団レクラム舎による一人芝居。

問合せ
上越文化会館
(電話025-522-8800)

第49回上越市民芸能祭「古典芸能のつどい」

11月4日(月曜日・振休)午前9時30分から午後4時45分

リージョンプラザ上越

市内の謡曲・仕舞・詩吟・剣舞・三曲・日舞等の団体が、日ごろの練習成果を披露します。

問合せ
上越市教育委員会社会教育課
(電話025‐545-9245)

合唱の祭典

11月10日(日曜日)午前10時から午後5時(午前9時30分開場)

上越文化会館

全国から参加する合唱団と新潟県内の合唱団が一堂に集い、交流を深めながら合唱の魅力を上越から全国に発信します。子どもから大人まで幅広い世代による合唱団の多彩な歌のハーモニーをお楽しみください。

問合せ
第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭上越市実行委員会(上越市文化振興課内)
(電話025-526-6903)

国民文化祭上越市主催事業

発酵列車 酔いしれ、語らう

11月16日(土曜日)午前9時30分から午後1時30分

えちごトキめき鉄道

日本海ひすいラインコース

えちごトキめき鉄道の貸切列車を活用した「発酵列車」。車内では、発酵の歴史を学ぶとともに、地元の日本酒に酔いしれるなど、地域の魅力が詰み込まれています。

問合せ
新潟県実行委員会事務局(新潟県文化振興課内)
(電話025-280-5933)

国民文化祭コア事業(外部リンク)

第49回上越市民芸能祭「ハワイアン フラ、越後よさこいフェスティバル2019」

11月24日(日曜日)

・午前9時30分開場
(ハワイアン フラ)

・午後2時開場
(越後よさこい)

上越文化会館

市内のフラダンス、よさこいの団体が日頃の練習成果を披露します。

問合せ
上越市教育委員会社会教育課
(電話025‐545-9245)

上越市食育実践セミナー11月30日(土曜日)午前10時から午後3時高田公園オーレンプラザ

食育講演会、料理教室、その他食育に関する体験学習を実施します。

問合せ
上越市農村振興課
(電話025‐526-5111)

上越市民演劇祭

・11月30日(土曜日)午後5時から8時40分(予定)

・12月1日(日曜日)午後1時から4時40分(予定)

上越文化会館

上越で初めての市民による演劇祭で、平成28年に結成された「くびきの演劇人連盟」との協働作業です。

問合せ
上越文化会館
(電話025‐522-8800)

このページの先頭へ

「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」 協賛者、ボランティアを募集

 詳しくは以下のページをご覧ください。

分野別フェスティバル参加者募集

 分野別フェスティバルの出演団体(者)、作品の募集について、詳しくは以下のページをご覧ください。

 分野別フェスティバル出演団体(者)・作品募集

関連リンク