ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > いたくらフォトニュース 2018年10月

いたくらフォトニュース 2018年10月

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月8日更新

板倉区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

2018年10月

有恒高等学校生徒による清掃活動

 10月12日金曜日、有恒高等学校の生徒が増村朴斎記念館の清掃活動を行いました。

 学校の清掃活動の一環で行われたもので、校庭や学校周辺の清掃に合わせ、3年生が記念館の草取りを行いました。

 生徒たちは、小雨の降る中、熱心に取り組んでいました。

増村朴斎記念館の草取りをしている様子(写真) 側溝に溜まっている草木を取っている様子(写真)

第2回板倉の歴史現地学習

 10月19日金曜日、板倉郷土史愛好会を講師に招き、有恒高等学校の3年生日本史研究選択者が現地学習を行いました。

 板倉の歴史継承を目的とする郷土史学習で、7月に続いて2度目の現地学習でした。

 今回訪れたのは、山寺薬師、延命清水、地すべり資料館、人柱供養塔です。

 山寺薬師では薬師三尊像や山寺薬師にまつわる歴史などの説明を聞いたほか、冷風が絶えず吹き、この風に当たると身も心も清められるという「風神洞」に手を伸ばしたりしていました。

 生徒たちは講師の話を聞き、実際に自分の手で触れたりしながら、板倉の歴史や風土を体で感じていました。

現地学習の様子(写真)

サツマイモ収穫祭

 10月21日日曜日、玄藤寺池あやめの里近くの畑で、あやめを愛する会が主催するサツマイモ収穫祭が行われました。

 参加した子どもたちは保護者やあやめを愛する会の会員と協力し、ほくほくした食感が特徴の品種、ベニアズマなどを次々と掘り起こしていました。

 爽やかな秋晴れのもと、参加者は収穫の喜びを実感しているようでした。

サツマイモ収穫祭の様子(写真)

寺野だいごぜまつり

 10月21日日曜日、寺野地区やすらぎ荘前で寺野だいごぜまつりが行われ、多くの人で賑わいました。

 来訪者に無料でだいごぜ汁(大根汁)が振る舞われたほか、炊き立ての新米の試食や、大根や甘柿などの販売もありました。

 当日は爽やかな秋晴れで、訪れた人は具だくさんの大根汁をおいしそうに頬張っていました。

寺野だいごぜまつりの様子(写真)

寺野玉手箱グループ紙芝居発表

 10月21日日曜日、山部小学校と地区合同で行われる「箕冠まつり」が行われ、寺野玉手箱グループが新作の紙芝居2作を発表しました。

 発表された紙芝居は、地元稲増出身の「中村十作」と地元黒倉山にある神秘の「宇婆ヶ池」のお話です。

 これまでも紙芝居の色塗りは山部小学校の児童が行っており、今回の新作も引き続き山部小学校の児童が色塗りを担当しました。

 紙芝居はプロジェクターで大きく映され、参加されたみなさんはお話に聞き入っていました。

紙芝居発表の様子(写真)

バックナンバー

過去の記事はこちらです。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ