ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 広報対話課 > 身近な地域のお出かけスポット情報

身近な地域のお出かけスポット情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月25日更新

 「新しい生活様式」を実践しながら新型コロナウイルスと共に生きる、「withコロナ」の社会生活が始まっています。
 県境をまたぐ移動の自粛要請も解除されましたが、遠くへ行くのはちょっと待って。私たちが暮らすのは、たくさんの魅力がぎゅっと詰まった上越市。
 まずは身近な地域へ、歩いて、車で、電車で、バスで、あちこち出掛けてみませんか。
 市内の人気スポットなどをご紹介します。

山エリアのスポット

南葉高原キャンプ場(金谷地区)

南葉高原キャンプ場(写真) 南葉高原キャンプ場は、久比岐県立自然公園の名峰としてそびえる、標高949メートルの南葉山中腹に位置し、南葉山頂を背に、市街地や日本海が一望でき、新緑から紅葉まで季節の移り変わりの美しさが実感できます。
 キャンプ場は、4月29日から11月3日まで営業しています。テントサイトのほか、丸太づくりの山小屋風バンガロー、宿泊もできる南葉山荘、食堂・売店がある南葉ロッジがあります。

南葉高原キャンプ場(農林水産整備課)

菖蒲高原(大島区)

菖蒲高原(写真)

 菖蒲高原はコテージ10棟が整備され、7月上旬に菖蒲の花の群生、秋になると一面のススキ原となり、春から秋まで季節の移り変わりとともに自然を楽しむことが出来ます。
 また、一年を通じて天気の良い日には日本海が一望できます。

上越観光Navi 菖蒲高原(外部リンク)

正善寺ダム(金谷地区)

正善寺ダム(写真) 正善寺ダムは、重力式コンクリートダムで上越市中心部の洪水調整や水道水の供給などを目的とした、多目的ダムです。ダム湖周辺の公園や沿道には、たくさんのあじさいが咲きます。
 また、訪れないと手に入らない、ダムカードをダム管理所で配布しています。

上越観光Navi 正善寺ダム(外部リンク)

光ヶ原高原(板倉区)

光ヶ原高原(写真) 長野県との県境、黒倉山麓に広がる光ヶ原高原は、標高800メートル~1,100メートルに位置し、頸城平野を眼下に望むロケーションは格別です。
 天気の良い日は、遠く佐渡、能登半島を望むことができ、日本海に沈む夕日や上越の夜景も楽しむことができます。空気が澄み渡った日には、北アルプス槍ヶ岳が見えます。

光ヶ原高原(板倉区総合事務所)

金谷山公園(金谷地区)

金谷山公園(写真) 日本スキー発祥の地です。「大日本スキー発祥之地」記念碑、日本スキー発祥記念館(歴史博物館)のほか、レルヒ少佐の銅像が高だかとそびえ、多くのスキーヤーに親しまれています。
 また、山頂からの眺望も良く、高田平野の彼方には秀峰米山、佐渡ヶ島を望むことができます。冬のスキーはもちろん、春から秋のハイキング、BMXコース、そしてスーパーボブスレーと四季を通じて、子供から大人まで広く親しまれています。

上越観光Navi 金谷山公園(外部リンク)

くわどり市民の森(谷浜・桑取地区)

くわどり市民の森イメージ くわどり市民の森には、活動の拠点施設として利用できる山小屋風の管理棟や、里山や湿地の貴重な動植物を観察できる自然観察の森ゾーン、間伐や下刈りなど里山の手入れ体験ができる体験の森ゾーン、四季折々の表情を楽しめるブナ林・散策ゾーンのほか、昔ながらの炭焼き体験ができる炭焼き小屋、オーナー制で里山の手入れ体験ができる分区林などがあります。
 雄大な自然の中で、自然観察や森林浴はもちろん、林業体験やレクリエーションなど各種森林体験プログラムが楽しめます。

くわどり市民の森(農林水産整備課)

泉縄文公園(中郷区)

泉縄文公園(写真) 泉縄文公園は、縄文遺跡の宝庫である中郷区のシンボルマークとして誕生しました。中郷区の豊かな自然を背景に、のんびりお弁当やバーベキューを楽しめます。

中郷区泉縄文公園(中郷区総合事務所)

大出口泉水(柿崎区)

大出口泉水(写真) 緑豊かな尾神岳の中腹にあり、豊富な水が一年を通して枯れることなく湧き出る名水です。一日に約 4,000トンも湧き出る水は硬度23度で水温は約8度に保たれています。平成20年に環境省による「平成の名水百選」に選ばれました。また、新潟県の「輝く名水」にも選ばれています。
 湧き水の周囲は木立に囲まれ、夏でも涼しく、標高350メートルの高台にあるため正面には頸城平野、日本海の大パノラマが一望できます。

上越観光Navi 大出口泉水(外部リンク)

板山不動尊(大島区)

板山不動尊(大島区) 歴史と自然が織りなす、神聖で静寂な空間です。
 上越市指定文化財の一つになっている板山不動尊は、昔から近郷近在の人々の信仰も厚く、参詣者が絶えません。
 石仏はその数の多さから、何度数えても数が合わないという言い伝えがあり、また、不動明王は目の病に霊験あらたかであると言われています。

上越観光Navi 板山不動尊(外部リンク)

平野部のスポット

高田城址公園(高田地区)

ブルーライトアップされた三重櫓(写真) 徳川家康の六男、松平忠輝公の居城として築城された高田城の跡に造られた公園で、全体が新潟県の史跡に指定されています。公園の面積は約50ヘクタールあり、市街地の中心部に位置する公園としては、全国的にも有数の規模を誇っています。
 園内には、復元された高田城三重櫓や高田図書館、小川未明文学館(高田図書館内)などの文化施設、陸上競技場、野球場等のスポーツ施設、ブロンズ像を配置した遊歩道、岩野勇三ブロンズコーナー、外堀をめぐる遊歩道があり、市民の散策や憩いの場となっています。
 また、平成29年9月には市民交流施設高田公園オーレンプラザが開館、平成30年7月には、市立総合博物館が歴史博物館としてリニューアルしています。このほか、本丸と二の丸を結ぶ極楽橋も復元されています。

高田城址公園(都市整備課)

ふわふわドーム(高田公園芝生広場)

新しく設置された遊具ふわふわドーム(写真)  「ふわふわドーム」とは、遊具の中でも非常に人気が高く、表面の膜の上を跳ねる、転がる、滑るなど多彩な全身運動が楽しめ、上越地域では初めて設置したものです。

利用時間:午前9時から午後5時

 雨などにより表面の膜が濡れている場合は、怪我する恐れがあるため、使用しないでください。

朝市(高田地区、直江津地区、柿崎区)

朝市(写真) 旬の野菜をはじめ、バラエティに富んだ食材や雑貨が並びます。

一の日市(柿崎区)

 市は住吉町交差点から海水浴場入り口まで延長約70メートルの間を車両通行止めにして開かれており、鮮魚や乾物、野菜、青果、雑貨など多くの品揃えで充実しています。

上越観光Navi 一の日市(外部リンク)

三・八の市(直江津地区)

 現在の開催場所である通りは高田の市と比べると雁木がなく、道幅も広い分開放感があります。海に続くこの通り自体が「三・八通り」と呼ばれ市民から親しまれています。
 野菜をどっさりとならべた八百屋、珍しい海産物の加工品を扱う乾物屋、そして地元で揚がった新鮮な魚を扱う店がたくさん軒を連ねています。

上越観光Navi 三・八の市(外部リンク)

四・九の市

 市の舞台となる大町四丁目、五丁目は、雁木のまちなみとして知られています。
 雁木は各家の軒先を出して歩道にした雪国独特の街づくりで、道行く人の歩行を楽にという温かな思いやりから生まれたものです。雁木の道沿いにずらりと並ぶのは、新鮮な野菜や果物を扱う店を中心に多くの露店が並びます。

上越観光Navi 四・九の市(外部リンク)

二・七の市

 高田に入城した旧陸軍第13師団の「兵隊に新鮮な野菜を食べさせたいので、定期的な市が欲しい」という要望により、明治43年(1910年)10月に現在の本町2丁目で開催されたのが始まりです。
 この朝市は地元の人たちの台所をうるおし、文化の薫りを訪ねて、全国各地からやってくる観光客にも人気があります。

上越観光Navi 二・七の市(外部リンク)

春日山城跡(春日地区)

春日山城跡(写真) 戦国時代の名将・上杉謙信公の居城として知られています。国の指定史跡であり、日本百名城にも数えられています。

上越観光Navi 春日山城跡(外部リンク)

五智公園(五智地区)

五智公園ゴーカート(写真) 自然が溢れる五智公園は野鳥・植物観察におすすめです。公園内には交通公園もあり、ゴーカートや遊具遊びが楽しめます。

上越観光Navi 五智公園(外部リンク)

交通公園ゴーカート(都市整備課)

大池いこいの森(頸城区)

大池いこいの森(写真) 新潟県景勝100選にも選ばれた、自然豊かなアクティブエリアです。ジョギングやサイクリング、キャンプなどが楽しめます。

上越観光Navi 大池いこいの森(外部リンク)

海エリアのスポット

谷浜海岸(谷浜・桑取地区)

たにはま海岸(写真) 長い海岸線、水質の良い海として、日本海側でも有名な海水浴場です。晴れた日には、佐渡ヶ島から米山までが望め、日本海に沈む夕日の雄大な絶景が楽しめます。

上越観光Navi たにはま海水浴場(外部リンク)

うみがたり(直江津地区)

ペンギンのヒナ(写真) マゼランペンギンをはじめとした、個性豊かな水生生物の魅力があふれる水族博物館です。今年生まれたペンギンのヒナの成長の様子も見ることができます。

上越市立水族博物館 うみがたり(外部リンク)

海洋フィッシングセンター(五智地区)

海洋フィッシングセンター(写真) 日本海に張り出した全長185メートルの桟橋の上から、安全で快適な海釣りが楽しめます。また、自然の岩場を利用したサンビーチでは磯遊びも楽しめます。

海洋フィッシングセンター(外部リンク)

大潟シーサイドアスレチック(大潟区)

大潟シーサイドアスレチック(写真) キャンプ場の隣にあるこのアスレチック場では、親子で一緒に楽しむことができます。海水浴、温泉時の散策がてらにも、気軽に楽しめます。

上越観光Navi 大潟シーサイドアスレチック(外部リンク)

シーサイドパーク名立(名立区)

シーサイドパーク名立(写真)

 子どもからおとなまで楽しめるビッグボブスレーやローラースライダーが人気です。眼下には日本海が広がり、能登半島や佐渡まで一望できます。

上越観光Navi シーサイドパーク名立(外部リンク)  

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ