トップページ > 組織でさがす > 名立区総合事務所 > 名立区フォトニュース2020

名立区フォトニュース2020

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

名立区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

2020年6月2020年5月2020年4月2020年3月2020年2月2020年1月

2020年6月

6月24日(水曜日) 名立区内 無火災5年達成 感謝状贈呈式

6月14日(日曜日)に名立区内の無火災期間が5年を経過したことを受け、6月24日(水曜日)に上越消防署名立分遣所長及び名立区総合事務所長から協力団体へ感謝状を贈呈しました。

感謝状が贈られた団体は、防火啓発活動に努めた各世帯と各事業所を代表して「名立区町内会長協議会」及び「名立商工会」、夜警等の防火啓発活動に努めた「上越市消防団名立方面隊」の3団体です。

3団体を代表して名立区町内会長協議会の橋本会長は「名立区の住民と無火災5年達成を喜びたい。今後も活動を継続し、さらに安全・安心に暮らせる名立区になることを願う。」と謝辞を述べられました。今後も火災が発生しないよう、引き続き防火啓発活動に取り組んでいきましょう。

上越消防署名立分遣所の高橋所長(左)から感謝状を受け取る名立区町内会長協議会の橋本会長(右) 左から、名立区総合事務所今井所長、名立区町内会長協議会橋本会長、名立商工会橋本副会長、上越市消防団名立方面隊足利隊長、上越消防署名立分遣所高橋所長

道路脇に立って無火災5年達成を住民に報告する名立分遣所職員

6月13日(土曜日) ひまわりの種蒔き

不動地区にあるひまわり農場(旧不動牧場跡地)でひまわりの種蒔きが行われました。

雨の中、ボランティアを含めた44人の参加者は、4人ごとに班となり、約40アールの広大な畑に1列ずつ丁寧に種を蒔きました。

ひまわりが順調に成長すれば、8月のお盆ごろが見頃となります。

ひまわりの種蒔きの様子(写真) ひまわりの種蒔きの様子(写真)

6月2日(火曜日)・6月11日(木曜日) 緑の募金

 6月2日(火曜日)に宝田小学校の児童が、6月11日(木曜日)に名立中学校の生徒が「緑の募金」を届けに来てくれました。

 代表の児童・生徒から募金について報告があった後、大勢の気持ちのこもった募金が総合事務所長に手渡されました。

 宝田小学校、名立中学校の皆さん、募金にご協力いただきありがとうございました。

 緑の募金は、植樹や間伐など国内の森林整備のほか、震災で被災した方々への支援、未来の担い手である子どもたちへの森林環境教育、海外の緑化支援等に役立てられます。

総合事務所長に募金を手渡す代表児童(宝田小学校)  募金を届けに来てくれた時の様子(宝田小学校)

総合事務所長に募金を手渡す代表生徒(名立中学校)  募金を届けに来てくれた時の様子(名立中学校)  

2020年5月

5月20日(水曜日) 令和2年度第1回名立区地域協議会

 委員の改選後、初めての地域協議会を開催しました。

 任命書交付、制度説明などを行った後、委員の互選により会長が、会長の指名により副会長が選出されました。

第1回地域協議会の様子(写真)  会長・副会長に選出された原田委員(左)と高宮委員(右)(写真)

このページの先頭へ

2020年4月

4月30日(木曜日) 名立の春をお届けします

 暖かな日差しの中、名立で見られる春の風景を集めました。

 名立の心地よい春をお楽しみください。

名立駅前の花(写真)  不動地区の風景(写真)

名立区内の畑(写真)  名立の海の風景(写真)

このページの先頭へ

2020年3月

3月1日(日曜日) 名立駅から名立を元気に

 「名立を元気にしよう」と活動する宝田小学校の児童とPTAの皆さんにより、名立駅構内に新たに名五美ちゃんパネルが1枚設置されました。

 今回設置されたパネルには、今後、宝田小学校の児童が作成する、さまざまな「名立の元気の素」が掲示されます。

 名立駅をご利用の際は、ぜひお立ち寄りください。なお、パネルはあと2枚名立駅構内に設置される予定です。

 名立駅に設置された名五美ちゃんパネルの様子(写真)

このページの先頭へ

2020年2月

2月22日(土曜日) 灯の回廊 不動ミニキャンドルロード

 冬の一大イベント 「灯の回廊 不動ミニキャンドルロード」 が開催されました。

 今年は記録的な少雪により、規模を縮小しての開催となりましたが、地域の子どもたちや大町小学校の児童など多くのボランティアの皆さんが準備に参加し、会場の不動地域生涯学習センターには、人気キャラクターの雪像や雪原にペットボトルを置いて描いた名立区のマスコットキャラクター「名五美(なごみ)ちゃん」などの雪原アートが作られました。

 夜には雨風が強くなりましたが、点火されたキャンドルが雪上に灯す温かな光はとても幻想的で、来場者を楽しませました。

灯の回廊「不動ミニキャンドルロード」の様子(写真)

2月2日(日曜日) 令和元年度 「まちづくり研修会」

 名立まちづくり協議会が主催する「まちづくり研修会」が名立地区公民館で開催されました。

 研修会の前半では、日本遺産である北前船と名立とのつながりや海底から引き揚げられた「つぼ」などについての講話があり、後半は「不動森あげ米かい」の交流事業の様子や「名立区地域協議会」の4年間の活動実績について地域協議会委員から報告がありました。

 参加者からは、「名立の歴史についてもっと知りたいと思った」、「地域協議会委員には、これからも地域の声を聴いてほしい」などの感想がありました。

まちづくり研修会の様子(写真)

このページの先頭へ

2020年1月

1月19日(日曜日) ろばた館 「新春もちつきと名立里神楽(なだちさとかぐら)」

 ろばた館で、つきたての杵つき餅と伝統芸能「名立里神楽」を楽しむ新春イベントが開催されました。

 当日は、駐車場が満車になるほど大勢の皆さんが会場を訪れ、前半の餅つきでは、3人でテンポよく杵をつく「3人づき」でついたお餅が、あんこ、きなこ、大根おろし味で振る舞われました。

 また、後半は名立里神楽が披露され、獅子舞が観客の中に入り、一人ひとりの頭を噛みながら会場を巡りました。初めてイベントに訪れた方は、「獅子舞に頭を噛んでもらったのは初めて。今年は良い年になりそう」と話し、イベントを楽しんでいました。

 新春もちつきと名立里神楽の様子(写真)

このページの先頭へ