トップページ > 組織でさがす > オリンピック・パラリンピック推進室 > おうちで学べる、楽しめる ドイツ風絵合わせカルタ「メモリー」

おうちで学べる、楽しめる ドイツ風絵合わせカルタ「メモリー」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月27日更新

 国際交流員が作成したドイツ風絵合わせカルタ「メモリー」を紹介します。子どもから大人まで、カルタを楽しみながら気軽にドイツについて学ぶことができるゲームです。

 カードの解説には、ドイツの歴史や伝統、文化について分かりやすく紹介しています。カルタを楽しみながら、ぜひこちらの解説も読んでみてください。

ドイツ風絵合わせカルタ(画像)

おうちで学べる、楽しめる ドイツ風絵合わせカルタ「メモリー」

準備

  1. 上に添付してあるカード(両面印刷用)を2セット両面印刷してください。
  2. 印刷したカードを点線に沿ってハサミで切ると、15種類の絵のカードが2枚ずつ(合計30枚)できます。

カルタの表(画像) カードの表面

カルタの裏(画像) カードの裏面

遊び方(2人以上で遊ぶことをおすすめします)

  1. 30枚のすべてのカードをよく混ぜてから、広い机の上などに重ならないように裏向きに配置してください。
    カードを並べている様子(写真) カードを裏面にして置く

  2. 参加者全員でじゃんけんをして、1番最初にカードをひく人を決めます。

  3. まず、1番目の人は好きなカードを2枚ひきます。
    カードがあった時の写真(画像) 2枚の写真が揃ったらカードをもらう

  4. 上のようにめくったカードの写真が揃ったら、この2枚のカードをもらうことができます。そして、写真が揃った場合は、もう一回(2枚)カードをひくことができます。

  5. めくった2枚のカードの写真が揃わなかった場合は、カードを元(裏面)に戻します。
    カードが揃わない様子(画像) 2枚の写真が揃わなかったら元に戻す

  6. 1番目の人が終わったら、時計回りに次の人がカードをひいていきます。

  7. すべてのカードをひき終わったら、参加者ごとに持っているカードの枚数を数えます。

  8. 持っているカードが最も多い人が勝ちです。