トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 消費生活相談受付状況(平成29年10月)

消費生活相談受付状況(平成29年10月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月22日更新

相談概要

相談受付件数

平成29年10月の相談受付は99件でした。販売購入形態別では、通信販売の17件が最多、次いで店舗購入16件、電話勧誘販売10件となっています。

相談件数及び販売購入形態別件数

10月の件数

( )は前年同月

平成29年度累計

( )は前年度

総相談件数

99件 ( 66件)

561件 ( 531件)

販売購入形態別

店舗購入

16件 ( 13件)

100件 ( 122件)

訪問販売

7件 ( 4件)

34件 ( 47件)

通信販売

17件 ( 28件)

144件 ( 152件)

マルチ・マルチまがい取引

0件 ( 0件)

4件 ( 5件)

電話勧誘販売

10件 ( 4件)

52件 ( 39件)

ネガティブ・オプション

0件 ( 2件)

4件 ( 3件)

訪問購入

1件 ( 0件)

8件 ( 4件)

その他無店舗販売

0件 ( 0件)

0件 ( 3件)

分類不能

48件 ( 15件)

215件 ( 156件)

相談内容別件数

相談は、架空請求等の相談28件、出会い系サイト等に関する相談11件、借金等に関する相談5件などでした。

相談事例

相談1(販売購入形態別:通信販売)

 パソコンに、大手通信販売サイト名と似ている名称で「商品注文確認」メールが届いた。不審なURLも添付されており不審だ。

  • アドバイス 
    同様の相談が全国で寄せられており、実在する業者名を騙ったり、似た名称で連絡してくる架空請求です。パソコンやスマホ、携帯電話に注文や契約した覚えのない内容のメールが届いても連絡せずに無視するようアドバイスしました。

参考:消費者庁「ショートメッセージサービスを用いて有料動画の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「アマゾンジャパン合同会社等をかたる架空請求」に関する注意喚起」 [PDFファイル/521KB]

相談2(販売購入形態別・通信販売)

 「メールの交信相手をするだけで報酬がもらえる」という副業サイトに登録した。交信相手と直接交信しようと相手のメールアドレスを得るためにクレジットカードでポイントを購入したが「文字化けで交換できない」と言われ、文字化け解除料も払ったが、結局、交換できなかった。騙されたと思うためこれまでに払った料金を返金してほしい。

  • アドバイス 
    サイトに登録した時からこれまでの経緯を書面にしてもらい、カード会社及び決済代行業者に送付するよう伝えました。センターからはカード会社及び決済代行業者に連絡し、不審な点や問題点を伝え返金を申し出ました。後日、決済代行業者から「サイト運営業者から全額返金された」と連絡がありました。

相談3(販売購入形態別・訪問販売)

 市民から「下水道排水管清掃の業者が訪問してきたが、市の委託業者か」と問い合わせがあった。市では委託していないためこのような相談があった場合は注意を呼び掛けてほしい。

  • アドバイス 
    市役所の関係業者と思わせて勧誘し契約をさせる手口です。事前に市役所や他の行政機関から連絡がなく、突然訪問してきた業者の勧誘には応じず、毅然と断るようにしてください。

相談4(販売購入形態別・店舗購入)

 高齢の母が、知人に誘われて行った店舗で高額な商品を次々と買ったことが判明した。不要なものばかりで、家族みんなが母に購入を止めるよう話しても聞き入れず困っている。

  • アドバイス 
    母親に解約する意思があるか確認が必要と伝えたうえで、購入したすべての商品を明らかにして店舗へ返品を申し出て話し合ってみるようアドバイスしました。後日、直近の購入商品は返品返金に応じてもらえたと報告がありました。

相談5(販売購入形態別・電話勧誘)

 外壁工事費の見積りができるサイトに接続後、「自宅に見積りに来る」と電話があり断るも「見積りだけ」と押し切られ承諾してしまったが訪問を断りたい。業者の留守番電話に断りの伝言を残したが断ったことになるか。

  • アドバイス 
    業者へ再度電話をして断るよう伝えました。断っても業者が訪問してきた場合は毅然と断るよう助言しました。

「民事訴訟管理センター」「国民訴訟通達センター」からの架空請求ハガキは無視してください

  10月も9月同様、実在する大手IT企業を騙った架空請求のメールや、国の行政機関と思わせる名称の業者から不審なハガキが届いたという架空請求の相談が多く寄せられました。それぞれ問い合わせ電話番号や申出期間が記載されていますが、請求内容に覚えがない場合は慌てて連絡せずに無視をしましょう。判断に困ったときは、一人で悩まず消費生活センターに相談してください。