トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 消費生活相談受付状況と相談事例(平成30年12月)

消費生活相談受付状況と相談事例(平成30年12月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月25日更新

相談概要

相談受付件数

平成30年12月の相談受付は89件でした。販売購入形態別では、通信販売が28件、店舗購入が10件、電話勧誘販売が9件となっています。

相談件数及び販売購入形態別件数

12月の件数

( )は前年同月

平成30年度累計

( )は前年度

総相談件数

89件 ( 108件)

944件 ( 773件)

販売購入形態別

店舗購入

10件 (   9件)

102件 ( 125件)

訪問販売

 2件 (   7件)

41件 (  44件)

通信販売

28件 (  27件)

187件 ( 198件)

マルチ・マルチまがい取引

0件 (   1件)

2件 (   6件)

電話勧誘販売

9件 (   5件)

88件 (  66件)

ネガティブ・オプション

0件 (   1件)

7件 (   6件)

訪問購入

1件 (   0件)

10件 (   8件)

その他無店舗販売

0件 (   0件)

4件 (   0件)

分類不能

39件 (  58件)

503件 ( 320件)

参考:上越市消費生活センター「相談件数及び販売購入形態別件数」 [PDFファイル/61KB]

相談内容別件数

相談は、出会い系サイトやアダルトサイト関連28件、店舗購入10件、電話勧誘販売9件などでした。

相談事例

相談1(販売購入形態別:通信販売)

 自己破産後、どこの金融機関からも借入ができなくなり、SNSで見つけたヤミ金へ連絡し借金したところ、返済の催促メールが次々に届き困惑。

  • アドバイス 
     信用情報について登録期間内は金融機関から新規の借入は難しいことを説明しました。また、ヤミ金は無登録で貸金業を営み、出資法の上限金利を超えた貸付をする高金利業者です。法定利率以上の利息は支払う必要がないことを伝え、早急に警察と法律専門家に相談するようアドバイスしました。

相談2(販売購入形態別:通信販売)

 SNSで「何もしなくても稼げる」広告を見つけ業者へ連絡し、情報商材代金をクレジットカードで決済したが、全く稼げない。説明と違うため商材代金は払いたくない。

  • アドバイス 
     消費生活センターの役割は、自立解決のための助言と、自立解決が困難と思われる相談はセンターが公正中立の立場で解決に向けた話し合いの支援を行う「あっせん」についてを説明しました。相談者には、これまでの経緯を書面にまとめ来所相談を促しました。

相談3(販売購入形態別・通信販売)

 帯電話会社からのメールで、キャリア決済(注)の不正利用が発覚した。携帯電話会社は、一旦支払い、調査で不正利用が判明すれば返金すると言うが払いたくない。(注:携帯電話のIDとパスワードを利用することで携帯電話料金合算し支払いができる決済サービス)

  • アドバイス
     支払いの確認ができないと信用情報に記録され、今後の利用に影響が出る恐れがあります。まずは、携帯電話会社の調査結果を待つことが先決です。調査結果に不満がある場合は、センターが調査内容の精査をお手伝いすることができると伝えました。

相談4(販売購入形態別・通信販売)

 ネット通販でお試し価格の化粧品を購入したが、2回目が届き定期購入と判明した。不要なため販売会社に解約を申し出ると通常価格の請求となると言われ不満だ。クーリング・オフをしたい。

  • アドバイス
     無条件で解約ができるクーリング・オフ制度は、訪問販売や電話勧誘販売等、不意の勧誘で契約した場合に利用できます。通信販売は、自身で商品を選び購入するため適用されず、業者が定める解約ルールに従うことになります。定期購入は、初回の安さに気を取られ、申し込む際の条件確認が不十分なことがあり、同様のトラブル相談が多く寄せられています。まずは、業者から定期購入の解約条件の提案があるため検討するようアドバイスしました。

相談5(販売購入形態別・店舗購入)

 職場で昼食時に、持ってきた携帯保温容器の蓋を無理に開けたら暴発し、蓋が天井に飛び壊れた。ケガはないが危険なため相談した。対処法はあるか。

  • アドバイス
     国民生活センターが行っている商品テストについて説明し、テスト依頼をするか検討するようアドバイスしました。

参考:国民生活センター 全国の商品テスト「フードジャーの安全性」(外部リンク)

12月の相談傾向

12月は、通信販売に関する相談が目立ったため、通信販売契約での相談事例を多く紹介しました。また、架空請求のハガキに関する相談も13件寄せられています。不審なハガキが届いた場合は、一人で悩まずに消費生活センターへ相談してください。

参考:消費者庁「架空請求被害急増中」(チラシ) [PDFファイル/539KB]

ここに掲載する相談事例は、一つの参考例として掲載するものです。

同じような商品・サービスに関するトラブルであっても、個々の契約等の状況や問題発生の時期などが異なれば解決内容も違ってきます。