トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 国民生活センター「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」を開設しています

国民生活センター「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」を開設しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

独立行政法人国民生活センターでは、台風等で被災された地域の方を対象として、「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」を開設し、1都13県からつながるフリーダイヤル(通話料無料)で消費生活に関する相談を受け付けています。

相談電話番号

電話:0120-486-188 フリーダイヤル(通話料無料)

対象地域

新潟県

岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県

(注)対象地域以外の被災地域の方や被災されていない地域の方は、最寄りの消費生活センター等をご案内する消費者ホットライン(188番)におかけください。(通話料有料)

開催日時

令和元年11月1日(金曜日)から当面の間行います 午前10時~午後4時 (土曜日、日曜日、祝日を含む)

(注)令和元年11月3日(日曜日)及び11月16日(土曜日)は、独立行政法人国民生活センターの建物点検日のため、相談が受け付けられません

相談料

相談は無料

(注)ただし「050」から始まるIP電話からはお受けできません

相談内容

対象は台風等に関連した消費者トラブル

  • アパートが水浸しになり住めない状態だが、このまま家賃を支払う必要があるか
  • 市役所を名のり、義援金を集めると訪問してきた者がいる。信用できるか。
  • 壊れた家屋の修理工事を「火災保険の保険金で行う」と業者に言われた。信用してよいか。

参考:国民生活センター「令和元年秋台風関連 消費者ホットラインをご利用ください」(外部リンク)