トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 「仮想通貨」に関するトラブルに注意しましょう

「仮想通貨」に関するトラブルに注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月15日更新

インターネットで電子的に取引される「仮想通貨」のトラブルが増加しています。

インターネット上には、誰でも簡単に稼げるような表現で、仮想通貨に関連した投資を募る業者が数多く存在します。簡単に大金が得られるような表現は疑いましょう。

 相談事例

  • 仮想通貨を購入したが、購入先から購入が完了したというメールが来ない。詐欺かもし
    れないのでお金を取り戻してほしい。
  • 資産形成のための情報商材を買ったことがきっかけで、販売者から仮想通貨の購入を勧
    められ投資。全額の返金希望。
  • 大手の仮想通貨取引事業者とインターネットでの仮想通貨取引を行っている。仮想通貨
    を売却したが自分の口座に振り込まれない。 

消費生活センターからのアドバイス

  • 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)をよく理解してから行ってください。
  • 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

参考:消費者庁「仮想通貨に関するトラブルにご注意ください」 [PDFファイル/427KB]