トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 賃貸住宅の原状回復トラブルを未然に防ぐために

賃貸住宅の原状回復トラブルを未然に防ぐために

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月15日更新

 就職や進学のため、新たに賃貸住宅を利用する機会が増える時期となりました。

 アパートなどの賃貸住宅では、物件の消耗などの費用負担についてトラブルになることがあります。

 入居前に物件の状況を確認し写真を撮ることをお勧めします。併せて、原状回復に関する契約事項や特約も十分な確認が必要です。

 国土交通省では、一般的な考え方の基準として「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を公表しているので参考にしてください。

 相談事例

  • 賃貸アパートを退去したら、単身用の部屋なのに高額な原状回復費用を請求された。請求通り払わなければいけないか。
  • 賃貸マンションの退去に伴う原状回復費用のうち、ハウスクリーニング代の請求に納得が行かない。支払わなくてはならないか。
  • 賃貸アパートを退去したが、原状回復費用が相場より高いと思う。減額を求められるか。

消費生活センターからのアドバイス

  • 退去時の貸主、借主の原状回復費用の負担の判断は、使用状態によって異なる場合が多いです。
  • 原状回復の見積もりに関しては、貸主側の施工業者に全体の見積もり明細を提出させて、項目別に確認することです。また、知り合いの業者がいれば、見積書のチェックをしてもらうこともよいかと思います。

参考