トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 介護者運転自動車改造費助成制度

介護者運転自動車改造費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新
 介護者が改造自動車を購入または自動車を改造する必要がある場合、その費用の一部を助成し、障害のある人の外出を容易にし、社会参加を促進します。

対象者

 車椅子、ストレッチャー等を利用しなければ移動困難な状態が継続すると認められる障害のある人を介護し、次の要件のすべてに該当する人

  1. 市内に居住し、身体障害者手帳の1、2級(個別等級)を所持する障害のある人を継続的かつ日常的に介護している人
  2. 障害のある人のために自動車の改造または改造自動車の購入を行う必要がある人
  3. 介護者が自動車運転免許を取得していること
  4. 過去5年間にこの助成金の交付を受けていないこと

申請に必要なもの

  1. 申請書
  2. 所得状況届(所得額調査承諾欄の記入で市職員が調査します。)
  3. 年金額がわかるもの(障害のある人が非課税年金を受給している場合)
    例:年金支払通知書、年金の源泉徴収票、年金振込み通知の写し など
  4. 身体障害者手帳
  5. 申請者の運転免許証
  6. 自動車改造の見積書(改造した自動車を購入する場合は、購入する車の見積書と同タイプの普通車の見積書)
  7. 価格表(改造部のパンフレット)
  8. 自動車車検証(既所有車を改造する場合) 
  9. 印鑑
  10. 個人番号カードまたは番号通知カード
  11. 本人確認書類 [PDFファイル/191KB]

申請書及び所得状況届は福祉課、各総合事務所、福祉交流プラザに指定の用紙があります。

助成額

 改造費用(60万円を超える場合は60万円)に下記区分による割合を乗じて得た額(千円未満切捨て) 

  1. 生活保護世帯 :10分の10
  2. 所得税非課税世帯 :3分の2
  3. その他の世帯 :2分の1
    所得制限があります。

その他

 改造または改造自動車の購入前に申請・許可が必要です。

申請書ダウンロード

申請・問合せ

 福祉課福祉係、福祉交流プラザ(電話:025-527-2525)、各総合事務所 [PDFファイル/8KB]