トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 障害者住宅リフォーム助成制度

障害者住宅リフォーム助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新
 障害のある人の身体状況に適した住宅にリフォームする際の経費を助成します。

対象者

 身体障害者手帳の個別等級1、2級または療育手帳Aの所持者

申請にあたっての条件

  1. 申請者は、対象者または対象者と市内で同居している人
  2. 家族の総収入が600万円未満であること
  3. 対象者またはその親族が対象の住宅を所有していること

対象経費

 対象者またはその親族が所有し、かつ対象者が居住する既存の住宅であること

  1. 居室または廊下等の改造
  2. トイレの改造
  3. 浴室の改造
  4. 玄関の改造
  5. 段差解消機または階段昇降機の設置
  6. ホームエレベーターの設置

補助基準額

  1. 50万円
  2. 下肢、体幹または脳原性運動機能障害の3級以上の人は30万円とします (ただし、住宅改修費として20万円を別にご利用できます。)。

助成金額

 補助基準額に次の区分による割合を乗じて得た額(千円未満切り捨て)

  1. 生活保護世帯 10分の10
  2. 所得税非課税世帯 4分の3
  3. その他世帯 2分の1

申請に必要なもの

  1. 補助金交付申請書
  2. 所得等調査承諾書
  3. 工事図面および見積書
  4. 着工前の写真(日付入りのもの)
  5. 身体障害者手帳または療育手帳のコピー
  6. 年金額の分かるもの(障害・遺族年金等受給の方)
  7. 個人番号カードまたは番号通知カード
  8. 本人確認書類 [PDFファイル/191KB]

その他

  • 着工前に申請が必要です。
  • 手帳を新規取得手続き中の人も申請できます。
    ただし、手帳交付時に障害者住宅リフォームの助成要件に該当しなかった場合には、助成対象外となります。
  • おおむね65歳以上の要介護認定または要支援認定を受けている人は、「高齢者向け安心住まいる整備補助事業」をご利用いただきます。また、補助金の交付は1世帯当たり原則1回を限度とします。

申請書ダウンロード

  1. 高齢者及び障害者向け住宅リフォーム補助金交付申請書  [PDFファイル/161KB]
  2. 所得等調査承諾書 [PDFファイル/5KB]

申請・問合せ

 福祉課福祉係、福祉交流プラザ(電話:025-527-2525)、各総合事務所 [PDFファイル/8KB]