トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > 板倉区の文化財 : 庚申塔(こうしんとう)

板倉区の文化財 : 庚申塔(こうしんとう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月14日更新

光背型青面金剛像(写真)                                                                           

 新潟県内で紀年のある庚申塔では最も古く、寛文2年(1662年)の刻印があり、光背型青面金剛像で日、月、二匹の猿と二羽の鶏が描かれる。
 仏教的な庚申信仰の姿を伝えるもので、集落の歴史が感じられる。

区分

旧板倉町指定

種別

考古資料

指定年月日

平成10年6月25日

所在地

福王寺

備考(年代・時代 指定樹齢 幹囲等)

寛文2年