トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > 板倉区の文化財 : 薬師如来懸仏(やくしにょらいかけぼとけ)

板倉区の文化財 : 薬師如来懸仏(やくしにょらいかけぼとけ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月14日更新

薬師如来懸仏

この銅造懸仏は、木造の鏡板に安置されていたものであろう。
 通行の薬師如来形であるが、おそろしく蓮台がせり出して作られている厚手の懸仏である。
 面長で耳ふくよか、威厳に満ちたところは、いかにも山伏の行者にふさわしい仏である。
 清水家の裏の水田中から出土したという。

区分

旧板倉町指定

種別

考古資料

指定年月日

平成10年12月25日

所在地

下筒方

備考(年代・時代 指定樹齢 幹囲等)

南北朝期