トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 上越市、糸魚川市、妙高市の教科用図書の採択

上越市、糸魚川市、妙高市の教科用図書の採択

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月3日更新

採択の流れ

上越市、糸魚川市、妙高市の三市教育長会:4月24日(火曜日)

平成30年度採択協議会の規約、規程、組織(構成員)を決定する。

 調査委員会:5月14日(月曜日)~6月27日(水曜日)全4回実施

組織

上越地区の教職員から委嘱した専門教員5人で構成

役割

文部科学省の検定に合格した中学校道徳教科用図書を研究し、教科用図書の特色をまとめて選定委員会に報告する。

選定委員会:7月5日(木曜日)

組織

三市の教育長(または教育長が指名した者)、校長会代表、保護者代表、指導主事の計12人で構成

役割

  • 中学校道徳教科用図書については、調査委員会からの報告を基に、各資料を比較検討し、第一候補、第二候補に絞る。
  • 小学校教科用図書については、平成26年度の採択協議会資料、4年間の使用実績から検討し、意見をまとめる。(今回選定する小学校教科用図書は、平成25年度に検定された教科用図書であり1年間のみの使用となる。平成32年度は、学習指導要領改訂に伴い道徳を除くすべての小学校教科用図書が改訂される。)

採択委員会:7月10日(火曜日)

組織

三市の教育委員3人の計9人で構成

役割

  • 選定委員会の報告を受け、協議する。
  • 協議を通して採択教科用図書を決定し、三市の教育委員会に答申する。

定例教育委員会:7月27日(金曜日)

採択協議会からの答申について協議し、平成31年度に使用する教科用教科書を決定する。

採択した平成31年度使用中学校教科用図書とその特徴

種目出版会社主な特徴
道徳学校図書
  • 「心の扉」で深めてほしい内容を端的にまとめている。
  • 考え、議論するために「学級づくり」で学習に向かう基盤づくりについて提示している。
  • 家庭との連携を図るため、巻末に「保護者の方へ」のページがある。
  • 県教材(新潟水俣病)が掲載されている。

採択した平成31年度使用小学校教科用図書とその特徴

種目出版会社主な特徴
国語学校図書
  • 「書くこと」の領域では、基本的な技能を学ぶ教材を配置するとともに、観察・記録・報告・提案等の伝えることを目的とした表現方法を学ぶ教材を配置している。
  • 単元冒頭に「この単元の学習の流れ」があり、学習方法や順序を児童に分かりやすく示している。
  • 説明文教材では、重ね読み、比べ読みの1単元2教材配置により、読み取りの作業化が図られている。
  • 手引きや解説などのページが見開きになっており、児童にとって学びやすい。
書写東京書籍
  • 紙面をワイドにすることで書き込み欄を増やし、練習帳の機能がある。
  • 毛筆教材の左側にインデックスを設け、既習事項との参照により主体的な学習が可能である。
  • 4年生で学ぶことの多い、難しい平仮名の「結び」を5年生で学ぶことにしている。
社会科教育出版
  • 問題解決型の学習展開を中心に据え、子どもが主体的に課題意識をもって学習できるようになっている。
  • 「広げるコーナー」や「もっと知りたい」等、子どもの興味・関心を引き出すような工夫が見られる。
  • 米作りに関する学習(5年生)は、新潟県の魚沼地区を取り上げ、植え付けから刈り取り、出荷までシリーズで扱っている。品種は「コシヒカリ」をメインにしており、欄外枠内にコシヒカリの品種改良について詳しく説明している。
地図東京書籍
  • 細かな地名の記載はないが、地域の産物や特徴などがイラスト等で掲載されているなど、よくまとめられており、子どもが親しみや興味・関心をもちやすい地図帳となっている。
  • 新潟県の地図が1ページにしっかりと収まっており、使いやすい。
  • A4判サイズとなり、全体的に大きく見やすい。
算数学校図書
  • サポート「ほじゅう」「チャレンジ」問題が組み込まれている。
  • 「算数でよく使う考え方」が説明されている。
  • 巻末に付録のページがあり、切り取るだけですぐに使える。
  • 各所に「ことば」のコラムを設けている。
理科東京書籍
  • 理科で求められている科学的思考力を育成するための問題解決の過程が明確で、実験内容や方法が良く検討されている。
  • 小学校の理科授業では欠かすことができない問題解決学習の学習過程が明示されており、それに沿って授業を進めていけばよいようになっている。
  • 文字が大きめで見やすく、子どもにとっては扱いやすい。
生活科学校図書
  • 全単元とも「企画」→「実行」→「振り返り」の3ステップで構成し、学習方法が身につくようにしている。
  • 言語活動を重視している。また、4人の主人公による言葉や絵で活動や気づきを促している。
  • 1、2年生の児童の心を揺さぶるような言葉や絵などが工夫されている。また、大判の写真や鮮やかな細密画、豊富な資料などで、興味や関心、意欲を引き出すように工夫している。
音楽教育芸術社
  • 主教材に必要な教材を確実に入れ、全国どこでも学習すべき内容に取り組めるように保証しており、関連・参考曲はあくまでも発展的に取り組むようにしている。
  • 鑑賞に必要な絵譜が示されたり、キャラクターの吹き出しなどでヒントを示して学習を助けたりしている。
  • 執筆や編集に携わっている作曲家が、授業の狙いに適した教材曲を提供しており、子どもが学習しやすいように教材曲を扱っている。
図画工作日本文教出版
  • 児童の発達に合わせ学習できるよう構成、設定がされている。また、児童画作品を制作する際に参考となる作品が秀逸である。
  • 折り込みページがあり、子どもの1年間の制作活動が見通すことができる写真で構成されている。
  • 作品に込められた思いや紹介のコメントが示され、言語活動の充実が図られるよう配慮している。
家庭科東京書籍
  • 題材の配列が2年間を通した構成であり、問題解決的な学習に重点を置いている。
  • 導入ページに「学習のめあて」が3つのステップで示されて、問題解決を促すように工夫されている。
  • 基本技能は「いつも確かめよう」として整理され、必要に応じて確認できるようになっている。
  • 自分の成長を自覚し、家庭生活を大切にする心情をはぐくむとともに、学習した知識及び技能を活用して生活の課題を解決する能力を育成する学びに適している。
保健学研教育みらい
  • 冒頭の「チェックしよう」で自己の現状を確認させ、その上で学びに入る構成で、主体的な学びを促している。
  • 写真125枚を使用し、指導に役立つ写真が多い。レイアウトもすっきりしている。
  • 書き込み箇所が多く、「あなただけの教科書」を作るというコンセプトが感じられる。