風力発電施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月26日更新

風車画像(写真)

 新エネルギー・自然エネルギーの重要性を市内外にアピールし、地球環境問題に対する意識啓発を図るため、風力発電施設1号機を直江津港港公園(愛称:みなと風車公園)内に、2号機及び3号機を三の輪台いこいの広場内に設置しています。
 発電した電力は、一部を公園内の施設などに利用し、多くは電力会社に送り、みなさんが使う電気の一部になっています。
 また、名立区には「うみてらす名立」のシンボルとして風力発電施設があります。日本初のコンクリート製タワーのこの施設は、年間発電量の約54パーセント(平成27年度実績)を「うみてらす名立」に供給しています。

風力発電施設
1号機
風力発電施設
2・3号機
うみてらす名立
風力発電施設

出力

600キロワット

各750キロワット

600キロワット

タワーの高さ

50メートル

45メートル

50メートル

羽根の長さ

23メートル

24.1メートル

20.4メートル

製造国

ドイツ

デンマーク

日本

平成28年度
発電量

641,265キロワット時
(一般家庭約146世帯分)

824,491キロワット時
(一般家庭約187世帯分)

358,041キロワット時
(一般家庭約81世帯分)

運転状況
4月1日現在

運転中

2号機 運転中
3号機 運転中

停止中

(注)一般家庭電気使用量換算(年間)は、年間一世帯あたり使用量を4,400キロワット時として計算。

 発電量については、こちらもご参照ください。

風力発電施設の見学について

 市では、風力発電施設「直江津港港公園(愛称:みなと風車公園)、三の輪台いこいの広場」の見学を受け付けています。
 普段、見ることができない風車の中をご覧いただくことも可能です。
 学校や町内会等の団体で見学を希望する場合は、下記までお問合わせください。