トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 上越市グリーン購入基本方針

上越市グリーン購入基本方針

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月10日更新

目的

 地球温暖化や廃棄物問題などの環境問題を解決するためには、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄を前提とした社会システムを見直し、環境負荷の少ない持続的発展が可能な社会に変革していくことが不可欠である。
 そのため、「国等による環境物品等の調達の推進に関する法律(平成12年法律第100号。以下、「グリーン購入法」という。)」に基づき、環境物品等の購入を積極的に推進し、市の事業活動から生ずる環境負荷の低減を図ることにより、環境と調和し持続的発展が可能な地域社会を形成することを目指す。

グリーン購入の定義

 購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入すること。 

基本原則

1.購入する前に必要性を十分に考える

2.資源採取から廃棄までの製品ライフサイクルにおける多様な環境負荷を考慮して購入する

  • 環境や人の健康に影響を与えるような物質の使用や排出が削減されていること。
  • 資源やエネルギーの消費が少ないこと。
  • 再生可能な天然資源は持続可能に利用していること。
  • 長期間の使用ができること。
  • 再使用が可能であること。
  • リサイクルが可能であること。
  • 再生材料や再使用部品を用いていること。
  • 廃棄されるときに適正な処理・処分が容易なこと。

3.環境負荷の低減に努める事業者から製品やサービスを優先して購入する

  • 組織的に環境改善に取り組む仕組みがあること。
  • 省資源、省エネルギー、化学物質等の管理・削減、グリーン購入、廃棄物の削減などに取り組んでいること。
  • 環境情報を積極的に公開していること。

4.製品・サービスや事業者に関する環境情報を積極的に入手・活用して購入する

品目及び判断基準

 対象とする品目及び判断基準については、平成29年度上越市グリーン購入調達方針 [PDFファイル/32KB]に定めるとおりとする。

適用範囲

 市が事務事業にあたって調達する物品・サービス

グリーン購入の推進

推進体制

   調達方針に従い、環境マネジメントシステムの環境目的・目標として調達目標を設定し、環境管理事務局(環境保全課)を中心とした体制で取り組む。また、環境管理事務局は環境マネジメントシステムの教育訓練の一環としてグリーン購入の周知・徹底を図ると共に、市民・事業者に対しても積極的な普及・啓発に努める。 

是正措置

 不適合品を購入した場合は、「グリーン購入是正処置報告書」を作成し、環境管理事務局に提出する。

実績の公表

 環境管理事務局は、グリーン購入の実績を集約し、「上越市の環境」等で調達目標の達成状況を公表する。

基本方針・調達方針の見直し

 グリーン購入に係る社会情勢の変化や調達目標の達成状況を踏まえ、適切見直しを行う。

施行日

 平成17年6月1日 

改正日

 平成18年5月17日一部改正
 平成19年5月17日一部改正
 平成20年5月2日一部改正
 平成21年3月30日一部改正
 平成22年5月18日一部改正
 平成23年4月1日一部改正
 平成24年5月23日一部改正
 平成25年5月15日一部改正
 平成26年4月21日一部改正
 平成27年4月27日一部改正
 平成28年4月20日一部改正
 平成29年4月1日一部改正